Tag Archives: Web hosting

わかったつもりになってはいけない

地下室においてあるPCのWEBServerはIISで動いている。 いや、Windwos7がはいっていたので、気軽な気持ちでIISを導入し、うごかしてみたら、設定が簡単だったのと、PHPのサポートが意外と充実していたので、サーバーとして使うことにしたのだ。すでに2年ほど支障なく動いている。

もっとも、アプリケーションはPHPで動くModXだ。 asp、aspx ベースではない。Visual Studioも(タダだし)起動画面までは見てみたのだが、C#もVBも覚えるつもりがなく、 結局JavaScriptやCSSだけでWEBサイトを構築できるPHPベースのModXでうごかしている。

ひとつだけ問題があるとしたら、IISベースではFriendly URLがサポートされていないこと。 IIS自体はFURLはサポートしているのだが、別途設定しなければならない。これがApache ベースのサーバーではModXに付属してくる.htaccess ファイルで簡単に対応できる。

世の中よくしたもので、IISでこの.htaccess をそのまま使えるツールが存在する。 Helicon Ape というユーティリティなのだが、サーバー3本までは無料バージョンでサポートされている。 これを入れて、ModX側のFriendly URLのシステム設定をOnにするだけで、FURLが有効になる。 するとそれまでは
http://mysite.org/index.php? id=36
などという味気ないURLが
http://mysite.org/this_pabe.html
という”読みやすく覚えやすいFriendlyな”アドレスに書き換わる。

この組み合わせで半年ほど快適に使ってきたのだが、ある日突然うごかなくなってしまった。 なぜか、最初はわからなかった。
で、いろいろ調べた結果わかったのが、IISの設定。このサイト、.net frameworkをつかっていないのだからいらないだろうと、.netのサポートをIISのメニューから前の日に外していた。外した途端に動かなくなったわけで、ホームページ自体はPHPがきちんと動いて表示するが、リンクが全部だめになったのは、要するにApeが作動していなかったので、
http:/mysite.org/this.page.html
を Apeが以下に変換、
http://mysite.org/index.php ?q=”this page.html”
さらにこれをModXが読み込んで
http://mysite.org/index.php ?id=36 に変換
という書き換えができなくなっていたわけ。 つまりApe 自体はIISの.net frameworkの上で動いていたわけだ。

で、あらためてHeliconのページを読んでみれば

Helicon Ape is implemented as managed IIS 7 module and can be installed as .NET module on any ASP.NET-compatible IIS version. It works transparently for both server and client and can even be installed on a shared hosting account without administrative access.

.NET module だと、しっかり書いてある。(おい)

わかったつもりになっていてはいけません。

WRT 54G の退場

過去10年ほど、家庭内のネットワークハブにLinksysの WRT54Gを使ってきた。 Bestbuyのカタログを見ると、いまだに後期モデルの54GLを販売している。 最近の大勢として、802.11Nが安価で販売されているのにもかかわらず、802.11Gで頑張っている、かなりのロングセラーである。

我が家でも、何の不自由も感じないで使ってきたわけだが、 最近とうとうNラウターに買い替えることになった。 なぜか、どうも本体が故障してしまったようなのだ。

故障したといってもまったくインターネットがつかえなくなったわけではなく、設定したはずのポートフォワードが効かなくなった、という不具合現象。
自宅でWebserver をホストしている関係上、Incomingのポート80をLinux baseのNASにフォワードしている。このNAS自体はSquidを稼働していて、ここからリバースプロキシで複数のWEBサーバーにTrafficを振り分けていた。このNASのIPアドレスが192.168.1.99なのだが、先週突然Websiteにつながらなくなった。いろいろ調べてみると、どうも192.168.1.98にフォワードされている。 ルーターのポートフォワードをセーブしなおすと、一時的に復活するが2時間もするとまた駄目になる。

さんざん他のところをチェック(Web server のセッティング、Squidのセッティング、DDNS Clientの確認、Local DNSの設定など)しなおした後でたどりついたのが、「結局これって、ラウターのメモリーか内部ICの出力が不安定になっていないか」 という結論。

LinksysのNラウターを近くのOfficeMaxで購入。 ラウターの設定画面が10年前の製品とほとんど変わっていない事に感銘(?)をうけながら、交換し、初期設定をすませて運用中。 過去3日間問題が発生しないところをみると、やはりルーターの故障だったようだ。

今回購入したのはCiscoのEA2700。 D-linkやNetgear の同等の製品に比べると割高感があるが、Cisco/LinksysのネームバリューとWRT54Gが予想以上に長く使えたことを考慮して購入。 こいつも10年持ってくれるとよいのだが。

End of life for my WRT54G

Last week, I had a strange phenomena. my home web server was not accessible.

I looked at all kinds of setting I had configured with my home network for the last few years. Local DNS, squid/reverse proxy setup, IIS web server set up (I run my website on Windows 7 PC) and ddns setup. Although nothing was supposed to have changed, I looked at them again and made sure everything is what it supposed to be.

I finally turned my eyes on my trusty router. Linksys WRT54G was servicing me well, for almost 10 years (mine is WRT54G V2.2.)

I looked at port forward option. the port 80 is forwarded to 192.168.1.99. This is a linux based NAS that also runs squid in reverse proxy mode, but for some reason, the traffic appears to be reaching 192.168.1.98, another linux based NAS.
I re-saved the setting and voila! for a while, the web site was accessible. Then after one hour or so, connection was again lost.

I did a factory reset and then updated the firmware. These did not improve the situation. I concluded that the router can no longer retain the port forward information. Maybe one bit of memory chip got bad. Hard to tell. I bit a bullet and bought an N-band router. although a little pricey compared to D-link and/or Netgear, I decided to stick with Cisco/Linksys brand.

After initial setup, everything was back to normal. So here they are, it was indeed my router.

Hopefully my new router can serve me another 10 years. That’s why I paid extra for gigabit ports with this router. Looking at this router, the most striking is a small size of a power brick that comes with it, compared to the power brick from 10 years ago. This is where I see the advancement of technology.

JQueryの.load()を使ってみて complete: にはまった、という話

Query ライブラリーの中に.load()というmethodがあり、これを使うと、WEBページの一部に他のページをはめ込む、ということが簡単にできる。 たとえばmain.html というページがあり、 そこに<div id=”sections”></div> というセクションをつくっておき、 この部分にcontent1.htmlというページを差し込むためには
$(‘#sections’).load(‘content1.html’);
というjavascript 一行で済む。

これを使えば、content2.html, content3.html などというページを用意しておいて、Javascriptを使ってインターアクティブに(ページを全部ロードしなおすのではなく)ページの一部だけを差し替えることができるようになるわけだ。

これって、巷にいうAjaxだが、jQuery のAjax サポートは ajaxSetup というobjectががあって、この中で、Ajax関係の諸パラメーターを前もって設定することが可能、 で、とりあえず
$.ajaxSetup({
beforeSend: function() {
$(‘#sections’).css(‘visibility’,’hidden’);
$(‘#aContainer’).css(‘background’, ‘url(images/ajax-loader.gif) no-repeat center’);
},
complete:
$(‘#aContainer’).css(‘background’,’none’);
}
});
とやって、 ページをロードしたときに、前のページの表示を消し、バックグランドにロード中お待ちくださいのイメージをはっておき、ロードし終わったときに、これを取り除く、という 動作を付け加えた。

ところが実際に動かしてみると、ロードが完了して新しいページが表示された後でもイメージが消えない。 ブラウザの開発ツールで見ると、スタイルシート上、バックグランドイメージがそのまま残っている。つまり、complete: の部分が動いていない。

これで2時間ほどハマったわけだが、 結論からかいてしまう。
実は.load()というコマンドにはコールバック機能があり、 これを使って、ロードされた画面の初期化を行うためのjavascriptを指定していた($(‘#sections’).load(‘content1.html’,’doSomething’)) のだが、これがcomplete: に指定された処理を無効化してしまうようである。 jQueryの.load と complete: の部分のマニュアルをじっくり読んでそういう結論に達した。

というわけで、Complete: event ではなく Success:event に動作をぶら下げて解決。.load()ではなく、.get()を使うとすっきりしそうだが、詳しく調べてないのでこれでよしとする。

jQuery.ajaxSetup({
beforeSend: function() {
$(‘#sections’).css(‘visibility’,’hidden’);
$(‘#aContainer’).css(‘background’, ‘url(images/ajax-loader.gif) no-repeat center’);
},
success:
$(‘#aContainer’).css(‘background’,’none’);
}
});

$ajax を使うと、もっときめ細かいAjax操作ができるそうだが、現状ではこれで十分。

一応動いている証拠は ここに
http://shogishack.net/modx/pages/assess-the-situation/exchanging-pieces/

ModX/WayFinderで作ったメニュのa href部分をjqueryで一括加工し、それぞれのアイテムをクリックすると、Jumpではなく、.loadが呼び出されるようになっている。

ModXと jQuery を使ったAjax, なかなか相性がよさそうである。

100円ドメインと無料ホスト

専用ドメインを取った。Godaddy は SuperBowl で流した宣伝が品が無いとか女性蔑視だとか物議をかもしているが、info ドメインに関しては97セントで(一年目は)レジスターしてくれるので文句はありません。はい。
無料サイトも提供してくれるが、広告用のバナーがついてくる。これが結構うるさい。マークアップで消してしまうことも可能だがそれは厳密なことをいうとTOS(契約)に違反する。 そこでWEBを徘徊すること2日目にして000Webhostなるサービスを見つけた。 MySQLは2本まで、SSL はさすがについてこないが、PHP と MySQL を試してみるにはちょうどよさそう、ということでお世話になることにした。

レジスタラはgodaddy, Webホスティングは 000Webhost ということで、しばらく様子を見てみることにする。

レジスタラとホストの業者が違う場合(昔はこれが一般的だったらしい)はホストの設定をしたあと、レジスタラのサイトに行って、ドメインネームサーバーのアドレスをホスト側から供給されるURLに変更する必要がある。 面倒なのはdomain name serverというメニューにたどり着くくらいで作業そのもの自体はあっけないほど簡単に終わる

前後するが、このプロバイダーの無料サイトをアクティベートするときに、TOS をよく読んでね、サイトの使い方に寄っては一方的にシャットダウンすることもあるので変な使い方を考えているのなら最初からやめたほうが良いよ、という警告文が出る。  中身を呼んでみると、へんな使い方とは成人向けのコンテンツ(有料サービスにアップグレードするとその限りではないそうな。)などのことだが、「ファイルの格納だけに使った場合」というのもあった。  まあ、突然サイトをシャットダウンされる可能性がゼロではない、ということで、これは無料サイトの宿命か。 バックアップをしっかり取っておけば、ドメイン自体は Godaddy にあるので、他のプロバイダーでの再構築もできる。 このあたりが、独自ドメインを登録しておくことの長所かな?