Tejpwriter

というのを入れてみた。 フリーウエア Doc Editor/Viewerなのだが、 Editor modeで下のようにthumbboardという keyboardを呼び出すことができる。 キーボード上の特殊文字がちゃんと見えているのはPalmLatinでJaponの日本語表示を抑えているからだが、逆に言えば日本語の編集をしたいときには、これらの特殊記号はみんな文字化けする。 ワイド画面モードTXを横に持ち、で親指タイプというか、人差し指タイプというか、 試してみたが、 まあこんなものかと。 何せ無料ソフトでこういうものがあるというのがうれしい。

 Japanese Pop Culture

子供の友達の親から電話がかかってくる。 「お宅の息子が学校に持ってくるBabyStarというスナックはどこで手に入るのか? わけてもらって食した自分の子供の大好物になっている。 どうしても買ってきて欲しいといわれているのだが、」 てな話を聞いたのは今から1年くらい前。  乾燥ラーメンのスナックはその後クラスでブームになり、 自宅から15分くらいのLivoniaという街にある日本食材店は急にこのスナックの売り上げがのびたのでびっくりしたかもしれない。  ポッキーにいたっては、普通のスーパーマーケットでもおいているくらいで、 子供が学校に持っていくと半分くらいはまわりに取られてしまうのだが、最近では他の子供も持ってきて色々なフレーバーで競っているらしい。(イチゴ味だよ!、僕のなんか抹茶だぞ!) Ann ArborのダウンタウンにはWYSIWYGという日本のアニメ専門店みたいな店があって、ショーウインドウーには人間並みの大きさのZacがデーンと構えているのだが、中に入るとアニメソフトの他に色々なグッズも置いている。 ラムネとかポッキーなどはJapanese Cultureの代名詞らしく山積みになっている。 注: WysiygはWhat you see is what you getの略であります。 J-Popという言葉を聴くようになったのはPuffy AmiYumiがポピュラーになったこの1~2年くらいだと思うが、アニメ、漫画の他に、日本の文化ならなんでもというわけで プレーステーション、 ポケモン、コスプレはもとより、Tシャツのたたみ方からアルゴリズム体操まで全部J-Pop?  最近はNarutoとBleachとポッキーが流行なんだそうだ。 Graphic Novelsというのはもともと劇画という意味だったと思うんだが最近は漫画全般を指すようで、Barns and Noblesのような大型の本屋さんにもコーナーができていて色んなタイトルがおいてある。 さすがに立ち読みされるとまずいと気が付いたようで、日本並みにプラスチックラップをしたものも現れはじめた。  英語版の少年ジャンプがすごいと思うのは、日本並みに漫画を右から左に読ませる体裁で発行していることで、 左側のページから読もうとすると 「ストップ! あなたは逆に読んでいる」という活字が目に飛び込んでくる。 ジャンプ以前は鏡イメージで印刷していたから「日本人は皆左ききなのか?」という誤解が生じないでもなかった。 以前、息子が友達に「僕本当は日本はきらいなんだよね。」といわれて「むかっ!」と来、「日本がなければ、君が遊んでいるゲームキューブもプレーステーションもポケモンもないんだぞ!」と言い返し、友達は何も言えずに退散したことがあった。 善悪は別にしても日本の文化は以外と浸透している。

 回転寿司

近くにConveyor Sushiの店ができて2ヶ月くらいたつ。 最近はじめて行ってみたのだが、日曜の夜なのに誰もお客が入っていなかった。 映画館のコンプレックスの辻向かいではあるのだが、 この手の店に、車でしか来る手段がないというのはやはり立地条件が悪いのだろう。 店をたたむ前にもう一度行ってみたいと思う。

Happy feet

木曜日から感謝祭でお休みだ。  感謝祭といえばターキーを食べるのだが、我が家は数年前から外食と決まっている。 食べ切れなかったターキーをお土産に(何せマルマル一羽だもの、これであとの三日はもってしまう)そのあと久しぶりに家族で映画を見る。 なんと言うか、ミュージカルアニメーションだな、これ。CGも本当にものすごいことになってきた。ペンギンの集団にタップダンスを踊らせるというアイデアが秀逸。 家族映画としては最高に楽しい映画でした。

 日本に1週間ほど出張だった。

今回はフライトでなかなかトラぶった。 デトロイト発成田行きのNW11便はDTW離陸後、高度1万フィートからさっぱり上昇しない。 そのうちアナウンスがあり、 ”ランディングギアのドアが閉まりません。 もう一度開閉動作をします。” それから2回ほどやってみたらしいが、その後もずーっと高度1万フィート。 前方スクリーンに映し出される航路を見ていたら、そのうち方向転換して戻り始めた。 ミシガン湖の上空まで戻ったと思ったら、今度は湖上を南下しはじめた。 外を見たら主翼の先端から盛大に燃料を放出している。 日本までの燃料を積んでいると重すぎて着陸できないので捨てている、ということらしい。 3時間後にデトロイトに戻りゲートA38からA40へぞろぞろと移動。 別の機体で離陸したのが、出発時間を4時間半遅れた午後5時すぎ。 成田に到着したら、夜の9時過ぎで、NEXの切符売り場に行ってみたら最終が出る15分前。 新幹線の時間を確認したら連絡がまにあいそうにない。 到着ロビーまで戻ってNWの係員に事情を話し、彼らの手配してくれた成田日航ホテルでご一泊。  まあホテル代が一晩浮いたと考えれば得をしたと言えなくもないが。 (でも会社が払うんだから自分の懐には関係ないのだ。) 帰りは、NW26便、 今度は成田空港の滑走路に出たところでエンジンの一機が始動不能。 そのままゲートに引き返し、スターターの交換に1時間を費やした。 NWは米国空軍上がりのパイロットが多く、サービスは悪い(だからNorthWestではなく、NorthWorstといわれる)が、事故は起こさない、 という風評で 安心、とおもっていたのだが、 破産してから機体の整備にも手抜きがあるのかな? あるいは単に機体が老朽化しているということかしら? もうひとつ参ったのは飲み物のサービスで、缶ではなく、大きなペットボトルでやっていた。 以前だと頼めば一缶置いていってくれたんだが、ペットボトルから注ぐので、小さなカップ一杯に標準化されてしまった。 それに自分がいつも飲んでいたジンジャエールを搭載していない! これもコスト削減のひとつなんだろうなあ。

Memoleaf version 5

Memoleafがバージョン5にアップデートした。 自分は先週バージョン3から4.5pにアップグレードしたばかりだったが幸いなことに4から5へのアップグレードは無料。(よかった!) 色々新しい機能が付加されているが、 気になるのが 1.メモにアラーム機能が付いた。 2.Home Memoなるものを設定することによって 起動時に同一のページを表示するオプションができた。 というようなところ。 Home MemoをWeekly Agendaに使えないかな? というGTDがらみのアイデアが…. あとはフォーカスがあたっているところでのTX特有のブルーリングのハイライトが出ないようになった。これは助かる。

2playmeがアップデートされてバージョンが3.4aになっている。 このアプリケーションは、もともとPtuneとかAeroPlayerとかと連携して指定の時刻に指定の(あるいはランダムに)音楽をプレイすることができるというものだが、起動できるアプリはMusic Playerに限らない。 好きなアプリを指定の時間に実行できるというものだし、WifiとかTreoの電話機能をOn/Offするスイッチ機能(これを使えばリセット時に電話をONにすることができます、と、Readmeに書いてあるが、自分はTreo使いではないので、どういう意義があるのかはよく判らない。)、輝度を変えるとか、ソフトリセットをかけるとかのスペシャル機能なども付いている。 ここまでは前にも書いた 以前のバージョンではアプリを起動するときに、センターボタンタップをキューに入れることができたが、さすがにこれではできる事が少ない、と思ったか、最新のバージョンではそのほかにメニューとか押すボタンをひとつキューに指定できるようになっている。  具体的な使い方だが、 自分の場合は朝7時にMusic Playerが起動し 寝ぼけ眼で起きあがった4分後に Megaclockが起動されるようにしてある。 MegaClockとかPalmaryClockを使っている人はわかると思うが、これらのアプリケーションは機能が豊富で画面をセレクトする必要があるが、自分が欲しいのは体操する時間を計るためのタイマーなので、メニューから選んでタイマー画面を自動的にセレクトしてくれているのが望ましい。 で、2playmeのアクション設定画面では”Enque Menu Item” を選択し、その後 ID番号を入力するようになっている。 ID番号? Palm OSのメニューは全部ID番号が振ってあるので、そのID番号がわかりさえすればメニューをタップセレクトしたのと同じ効果がある。 って、 2playme自体は他のアプリのメニューIDを表示する機能はないので、他のツールアプリに頼ることになる。 幸い自分はpToolSet(出た!)があるので、pToolMaster、メイン画面のメニューからPTM2->pScript /&Menu@[ID] On を選択し、 調べたいアプリケーションのメニュー項目をタップするだけで、クリップボードにIDが記憶されるのだ。 これをそのまま2playmeの設定画面に入力してやればよい。 ボタンを指定する場合だが、2playmeのreadmeにはボタンIDを取得するのにBirdというResource Editorを使うか、またはWindows上でprcのリソースを解析することができるprcExplorerとかを使えばよいと書いてある。 具体的にはtFRMというリソースを片っ端から当たっていってボタンコントロールのIDを探せ、ということだ。 ところで、このBirdだが、Palm PascalというコンパイラーのツールキットとしてPiafというエディターとともにフランスのサイトにおいてあるのだった。 CP/M上で動くTurbo Pascalでプログラムを覚えた自分としては非常に懐かしい気がした。しかもフリーウエア。 かといって、これからプログラミングをはじめようか、とは毛頭思わないわけであるが。