PDAを人前で出せるか

PDAを会議で使うことに抵抗を感じない? という質問形式のエントリーがREさんのブログにあり、日本ではまだ抵抗感がありそうだという意見が多い。   ここで少し考えた。 米国ではPDAが浸透している(いた?)せいか会議中にPDAを”いじっている”のを見ること自体に違和感はない。 古くはPalm Pilotの時代からスタイラスでメモっているエンジニアやセールスマンを見てきている。  同時に、呼ばれはしたが自分にはあまり関係ない会議だと見て取れば、PDAでゲームをやっている輩も何回も目撃している。 会議の中では建設的な意見を出し、結論の抽出に貢献していれば態度が悪かろうがなんだろうがちゃんと仕事はやっているのであって、 この場合の態度(PDAを出してゲームをしているかも知れない。)を見てその人を評価するというのは極端に言えば結果無視のプロセス重視思考という事になるのではないか。 まあプロセスがよければ結果はついてくるという議論もあるが、 ISO9000をやったから会社がよくなったという話は聞かない。 あ、あれはプロセスが悪いか。 20年くらい前に読んだCharles HobbsのTime Powerという、日本風にいえば知的生産性をあげるための啓蒙本の中で、 その会議に自分が付加価値をつけられないと思ったのであれば「”Is there anything that I can contribute to this meeting?” 自分がこの会議に貢献できることはほかにあるか?」という質問をし、 なければ退出すべし、というのがあった。  過去を振り返って、自分がいても無駄と思った会議中にこれをやったのは多分10回くらいだ。(最初はかなり勇気がいった)  じゃ、そのほかたくさんの無意味な会議では何をしていたか。 システム手帳を眺めて、Taskの見直しをしていた。 つまり内職だ。 冒頭のREさんのお題に戻るが日本ではPDAではなく、システム手帳に無心に何か書き込んでいれば会議ではそんなに目立たない? おっと会議でサボるテクニックの話をしているのではなかった。  4年位前になるが、 米国の某自動車会社のexecutive Groupを相手にプレゼンテーションをしたことがある。 2時間くらいのプレゼンテーションだったが、7割がたのexecutiveがノートパソコンを持って現れ、 Outlookでメイルを見ながらプレゼンを見ていた。 これを不真面目ととるか、マルチタスクをして効率よく仕事をしているととるか。 少なくとも米国のManagerは会議で8割がたの時間をつぶされているらしいので、時間をさいて プレゼに来てくれたことだけで感謝すべきなのかもしれない。 少人数の打ち合わせでも事情は同じ。 PDAを持ち出したからと言って態度が硬くなったり身構えられた経験がない(あるいは気がついてない)身には多分REさんの困った心境は分からないからえらそうなことは言えない。 会議の形態は紙の資料からOHP, TV会議からPowerPointを経てNetMeeting、WebConferenceの活用による多極会議、とどんどんハイテック化している。 Wifi化されたPDAで図表を示しながら会議に活用などの手段を駆使し、周りを啓蒙していかなければ今主要先進7カ国で生産性は最下位の日本、この先どうなるかわからない。 なりふりかまっている場合ではありません。 勇気を持ってPDAを持ち出すべし、 と思うわけではあります その啓蒙の材料としてこんなビデオ(上から5項目目)があるんだけど PDAを使ってみせて女の子にもてるってことはありえないから、やっぱりやらせですな。

 palmpowerups.com 

ハンドル名DmitryGRの名前を見たのは1src.comがはじめてだが、 彼はUDMHという, Palm上のヒープメモリーを見かけより大きく見せるツールの作者だ。 この作者が運営していると思われるPalmPowerUpだが、 downloadページのexperimentの方をみると、Palm TX用に小物のツールを色々作っている。  彼は自分のTXにマイクロフォンを組み込んでVoiceRecorder機能を復活させてみたりしているのでハードウエアの知識もあるようなのだが、 UDMHというのは、もともとゲームエミュレーターをPALM上で動かすためのヒープ確保のために造った節がなきにしもあらず。  そのUDMHも12月末にリリースされたと思われるバージョン5.3ではTXでも安定して使えるようになったので自分のTXではPower48でHP49Gの画面を出して喜んでいるのだ。(UDMHをかませないと、49Gのエミュレーションはヒープ不足で起動しない) そういうわけで、Professional business use(アハハハ)に耐えうる品質になっているかと言うところに一抹の不安があって、彼のサイトからツールを拾ってくるときには少し構えてしまう。 UnCacheも彼の作品だが、これは今のところ導入をためらっている。 今回はMaxXという特定のアプリに対してワイドハイレゾを可能にする(らしい)ツールとMemUnfragmentという名前どおりのことをする(らしい)ツールを入れてみた。 このツールは二つともリセット時に有効になり、ランチャー上には表示されない。 この二つのツールを入れたのには訳があって、それはSRC1上でのWEBブラウザの議論で、NetFrontというブラウザの話が出ていたからだ。 恥ずかしながら、NetFrontというブラウザの存在は初めて知った。 Clie専用のブラウザみたいなのだが、とある場所から,他の機種でも起動できるようにパッチをあてたバージョンをダウンロードすることができる。このNetFrontを動かすためにUDMHとMaxXが必要というような記述があったので試してみようとサイトを覘きに行ったついでにMemUnfragmentも落としてきたと言うわけ。 MaxXはPicselBrowserにも有効と書いてある。 で、ここに書いてあるとおりに導入したらなんなく起動したNetFront, 規定のホームはご覧のとおりクリエのページ  動かしてみれば確かにBlazerよりも早い。 Blazerとは同じエンジンを使っているという事らしいし、Blazerのほうが、後発なので、UIなどはBlazerのほうが若干使いやすいんだが、その分スピードが犠牲になったのね。 それからフォントが若干大きめ。 ShiftFontを入れてみようかな。 (←と、結構実験してるじゃないか。) おお、Blazerでは化けてた日本語ページもちゃんと表示されるわい。

 マーチマッドネス

WBCの決勝戦は東部時間で夜の9時から。 今回はしっかりESPNの番組表に載っていたので、9時にTVをつけたら、まだカレッジバスケットの実況をやっている。 残り時間、数十秒、このあとWBC 日本対キューバという字幕も下に出ていたので、そのまま見ていたら なんと残り時間10秒になってノートルダムがシュートを決め同点になってしまった。  これでオーバータイムになったが、 ミシガン・ノートルダムお互いに譲らず同点のままダブルオーバータイム。  その間、 テロップで 日本が満塁、ワンアウト、などと流れるが、画面上ではバスケット、お互いに点数は、はいるものの、ちっとも決着がつかない。 冗談じゃないぞこのままじゃ三度目のオーバータイムだ勘弁してよ、と思った瞬間、時間切れ0.6秒前(本当に)にミシガン側が放った3点シュートがドボっと入って画面上はミシガンブルー一色になった。 よしよし早く切り替われ、 と思うのだが、コーチとか選手とかを写していてなかなか切り替わらない。  やっとPetCo球場が写ったらもう2点入っていた。 ところで、このPetcoって、Pet用品のPetcoだよな。 いやあでもおもしろかったね。  3対6の時点でダブルプレーにならずに4対6にでもなっていたら 8回裏で6対6の同点になっていたはずで、そしたらその後どうなっていたかわからない。  10対6と点数上では大差でも実際には僅差だったのだと思う。 日本人選手、皆うれしそうでした。  終わったのが夜中の1時半。 まあ西海岸とは3時間の時差があるから、大体こうなってしまう。

野球を見ていて悔しい思いをしたというのは久しぶりだ。 早いテンポの試合運びと緊張感。 MLBがしかけた4年毎のWBCは課題を残すものの成功だと思う。 後はメディアのバックアップ(この試合、ケーブルでは放映していなくてESPNのWEBストリームで見ることになった)と審判などシステムのデバッグをやれば、ビジネスとして成立するだろう事は間違いない。 ただアメリカというのは勝手な国だからもしTeam USAが予選リーグで敗退すれば、「やーめた」ということになるのかもしれない。 それにしても日韓戦、 球場の9割がたが韓国持ちというのはどういうことなんだろう。 というか、棚ぼたで得する米国人が応援するというのはわからぬでもないが、在米韓国人がわらわらと現れて4万人の球場を埋めてしまったように思える。 日本の人口1億2千万人に対し韓国は4800万人、南北合わせても7千300万人だ。 この人口の比率がそのまま 在米邦人、韓国人に対応するなら日本人がもっと応援に来ててもよさそうなものだが現実は韓国人が圧倒的に多かった。 米国に永住する動機というのは多分アメリカのほうが母国よりも住みやすい、ということでこの点ではKoreaからの移住者というのは日本人よりは多いだろう。 一方、企業の駐在員というのも勢いを失いつつある日系企業にくらべて、韓国が多そうという気はするが、 SamsungやHyundaiの駐在員がスタジアムを埋めるほどいるとも思えない。 「ある程度いるとは聞いていたが、こんなに来てくれるとは」と韓国の選手が言っていたが、 「おらが国の選手が来てるから皆で応援にいくべえ」という意識というか団結心というのが多分韓国人のほうが強いのではないか。 イチロー選手がいらだっているのはWEB放送でも見て取れた。 彼は今回は実に見事な悪役を演じていた。 すばらしいゲームだった。 すがすがしさが残らず、負けた後で悔しいというのは多分韓国側の過剰なまでの応援が気に障ったからだと思う。 日本人ももっとおおきな声を出さないともう日本代表は勝てなくなるぞ、と思った。

ミシガン州は三方を五大湖に囲まれており、この五大湖はいずれも対岸が 見えないほどの巨大な湖だ。西岸はミシガン湖にめんしており、ここのMuskegonというリゾート地には第二次世界大戦当時、日本近海で作戦展開したSilverSidesという潜水艦が保存されている。 息子のカブスカウトでこの潜水艦の内部に一泊するというキャンプがあり、付き添いで行ってきた。 http://www.silversides.org/index.html 一番最初に目につくのが艦橋部分に書かれた日の丸と日章旗の数。 撃沈した船舶数と被害を与えた船舶数の分だけマークがついている。 ちなみに日章旗は軍艦、日の丸は輸送船などの一般船ということだ。 内部にさらに詳しい資料があったが、この一般船とは輸送船、タンカー、それに漁船などが入っている。 とにかく日本の船なら無差別に攻撃したらしい。 この乗組員80余名のために何人の日本人が死んだかを考えると60年前の事とはいえ、平常心ではいられない。 息子は「そんなの卑怯じゃないか」と他の子たちの前で叫んだ。(よしよし) でもこれが戦争の現実だ。 その他、撃墜されたパイロットの救出なども行ったらしい。 潜水艦は水路に停泊しているが、その付近に売店や資料館がある。別の潜水艦の艦橋部分と魚雷などが陸上に展示されており、子供たちは4人くらいが魚雷にまたがり、はしゃいでいる。(お前ら魚雷4勇士か?) 艦内のツアーがあり、 この艦を使って作成されたハリウッド映画(BELOW)の一部をモニターで映し出したりしたので臨場感が増す。 子供たちは乗組員の居住区の3層のバンクベッドで寝、 親たちは士官用の居住区で寝る。 ちなみに第2次世界大戦で生還できなかった米国潜水艦の総数52隻、4000人余りの米国軍人が海底に沈んでいったと言うが、その犠牲の上にそれの何倍もの人間が海の藻屑と消えていったのも確実だ。

 Palm TX にUncacheは効果があるのか。

久しぶりに1src.comを見たらUncacheの話題が盛り上がっていた。 groups.yahoo.com のPalm TX forumとかpedit Forumにも飛び火している。 日本語ではt-pilotで話題になりManiacさんのサイトに解説が載っていた。 うまくまとめてあるのでここに書く気がなくなった。 おわり。 おい(笑)  えーと、ようするにリセット時にランチメッセージをブロードキャストしないようにしている、それだけのソフトのようだが、  作者のDmitryGr (UDMHの作者でもある)に言わせると、登録ユーザーの約半数がTXユーザーだそうだ。 なにが起こるか(起こらないか)というと、各アプリはランチメッセージを受け取らないのでリセット時の初期化を行わない。 TXのようなNVFS機ではリセット時の初期化をするのにもいちいちアプリをキャッシュメモリーにロードする動作が行われるから、これが起こらないということはリセット時間が短くなることが予想される。 ロードされたアプリケーションがどんな初期化を行うかはアプリケーションの勝手だが、 何もしないで終了するアプリもあれば、何かの細工を残すアプリもあるだろう。 しかしだ。 リセット時のブロードキャストメッセージでなんらかの初期化動作をするアプリはそうする必要があるからやっているのであって、それを止めたら何らかの副作用が出るはず。 特にハック系は初期化動作を行わないと常駐できない筈。 そこでUncacheでは指定したアプリに対してはメッセージを送るようになっているのだが、 では初期化すべきアプリとしなくて良いアプリはどうやって判別するのか、  どうも試行錯誤しかないらしい。 自分の使っているアプリではJaponとかptoolset、Fitaly, Hi-launcher, mySkinなどはまず間違いなくこの部類。 selectfont, palmlatinなども多分必要。 さらに、初期化したときのサイズは確保できても、 使い込んでいくと結局はメモリーの断片化は進む。 症状の出るのを遅らせているだけのような気がする。 同じ事を考えた人がいるようで1srcで質問が出ていた。誰かが「CronyというUnixのCronTabのようなアプリとmresetというソフトリセットをかけるツールを使って1日に一度か2度ソフトリセットをかければよい」とコメントした 1.CronyをWEB上で探してインストールする。 すでに作者のサイトはなくなっている。  Version2はApplication Panelに現れる仕様だが、なぜかそのままでは動作しない。FilezなどでFileTypeをpanlからapplに変更すると動くようになる。 version3はOS5対応でアプリケーションバージョンになっており、そのままで使える。ただしVersion3は自分の環境ではメイン画面の描画を時々ミスするなど怪しいところがある。(←便利だが、不安定要素になりそう) 2.mresetをDLしてインストール。これは単にソフトリセットをかけるだけのアプリ。 Cronyでmresetを起動する時刻を指定しておく。 この時刻の指定の仕方はCrontabに慣れている人にはどうってことないかも知れないが、ちょっと癖のある方法だ。 どうもよくわからない。 そこまでやって、  起動時間の短縮 という利点とのバランスがとれるのかどうか。  これは実際にやってみるしかなさそうだ。 自分のTXをリセット直後にdbCache Toolでメモリー量を見てみると  Free 2486792 Max Alloc 2479904 と出る。  ちなみにピンリセットからアプリケーションパネルが表示されるまでの時間は30秒。 直後にBlazerを起動させるに要する時間は25秒 Uncacheを導入し、 同じ事をやってみる。(上記のアプリは最初から指定しておく、さらにmegaclock, datebk6など、タイマーを使うアプリも念のため指定しておく、ついでにGgndserviceという名前のいかにも怪しいモジュールもリストに出てきたのでこれも指定してしまう) DmtryGRが作成したハック系のツールアプリは最初からリスト指定してある。 Free 6432880 Max Alloc 6432356 と出た。 これだけなら、おおすごい、となるが、ピンリセットからアプリケーションパネルが表示されるまでの時間が25秒、 直後にBlazerを起動させるのに要する時間18秒 (ちなみに英語環境では10Mくらいの容量が確保できるという報告がある。 日本語環境がNVFSを圧迫しているのがわかる) でも、そのあと10分くらいでクラッシュリセット >_< それもなんと3ヶ月ぶりのハードリセット。Backupmanが毎晩12時にbackupを取っているありがたみが、こういうときにわかるのだ。  どのアプリをリストにくわえて初期化しなければならないかという事がわかってくるまでPalm TXは不安定だろう。$6という値段も含めてインストールすべきかどうか、こりゃあ微妙だ。 

 スポーツの試合には米国国歌がかかせない。

で、なぜクリーブランドに宿泊したかというと子供のインドアサッカーのナショナルトーナメントがあったからで、日曜日の昼には出発できるかと思っていたら、コーチと親たちの予測に反して子供たちが勝ちまくり、Divisionの最終戦まで残ってしまった。 チャンピオンを決める最終戦では今までと違ってしっかり星条旗よ永遠なれが演奏された(録音だったけど)。 このとき全員起立となり、本来は胸に手を当てるような格好になるのだが、自分と女房は日本国民である。 敬意を表して起立はするが、忠誠は誓わないので、手はなんとなく後ろに組んだりする。 が、息子は日本国籍と米国籍の二重国籍者だ。 (日本は親の国籍で決めるが、米国は生まれた場所で決めるので米国で生まれると両方の国籍になるのだ) フィールドの真ん中にチームと一列になり、ひとりだけオリエンタル顔が神妙に直立不動なのだ。  荒川しずかが、君が代を最初から最後まで歌いきったというのはこちらの新聞にも(好意的に)載っていたし、大きな日本国旗をもってスケートリンクを滑った写真も載っていた。 日本人としてちょっぴり誇りに思ったのは多分こちらに長くすんでいるうちに子供のころから刷り込まれた日本国旗・君が代に対するアレルギーがなくなったからだろう。 米国はガソリンスタンドにも会社の庭にもいたるところに星条旗がはためいている。 多分これはイスラムの国でも同じで、国旗を大事にしない国は日本くらいしかないような気がする。 今の若者がみな荒川のように国歌や国旗に対してのアレルギーがないのであれば、 そんな彼らが国を動かすキャスチングボードを握るとき、今の50代くらいの大人たちよりも、日本を主張できる時代がくるかもしれない。 (少なくとも偽メールで大騒ぎする茶番は起こさないだろう。そんな暇はねえぞ、と外から見ていて思う) 自分でも話の脈絡がよくわからないが(10時間の運転で多分頭の中がショート状態) このインドアサッカー最終戦では残念ながら負けてしまったが、助っ人で借り出された身としては、アシストもしたし、ゴールも入れたし十分活躍できて、2位のメダルももらい、本人は大満足だったはず。

アメリカは今 WaterParkがブームらしい。

昔バージニアに住んでいたときに見つけたリゾートに行って、一日だけスキーをした。 温度はコンスタントに摂氏0度以上あり、スロープ以外は地面が見えている。女房いうところの「くされ雪」だが、 標高差は300メートル以上あって、結構面白く滑れた。 息子は上から下まで直滑降の地元っ子スキーになってしまったが、これまた楽しんだ様子。 で、 横をみたら、 新しくインドアのウオーターパークがオープンしており、 そちらの方も半日使って過ごした。  最近Indoor WaterParkの宣伝を良く見る。 で帰りにオハイオ州はクリーブランドのホテルに泊まった時に日曜版の新聞を見るとはなしに見ていたら 過去2年でクリーブランドの周りだけでWaterParkが5箇所もオープンし、 さらに4箇所建設中という記事を見つけた。  多分10年もしたら、そのうちの半分はつぶれているんだろうな。

 Capitol Hill (米国連邦議会)の建物と議員会館は地下道で繋がっている。

今回Washington DCで気が付いたのは警官の数が以前来た時に比べて(9・11以前に比べて)あきらかに増えているということ。  道をスナイパーライフルをぶら下げたフル装備の警官が歩いていて、女房と子供ともども一瞬圧倒されてしまった。  さて前回は連邦議会の建物の中を見せてもらうのに、建物の前に並んで入ったのだが、今回はミシガン選出の下院議員とのコネで、議員会館の事務所を訪問し、そこから他の1家族ともどもスタッフに案内されて地下道をあるいて連邦議会の建物に入った。 あるきながら、「そうか、ここを逃げてJack Ryanは命拾いをしたのだなあ」と思い出した。 このTom Clancyのテクノスリラーは原作名Debt of Honorが日本では何故か「日米開戦」となっている。 さて、下院がセッション中だったのだが、 投票している最中でもほとんど人がいない。 みな、投票しにきてはあちこちグループになってしゃべったあといつの間にかいなくなっている。 そのあと別件の審議に入ったが、 400人以上いるはずの議員の席はほとんど空席。 懸案の提出者とそのサポートをする議員が数人と、反対意見を述べる議員が数人以内はだあれもおりません。  でも、投票の数だけはちゃんと400票以上入っているので皆テレビを見て投票の時だけ来ているのでしょうか。 いったいこの人たちどういう仕事の仕方をしているのでしょうか。  議長席の上のほうに記者席があるのだが、スタッフの説明によると、レポーターも最近はほとんど来ないそうな。 ”CSPAN(CNNの議会専用チャンネル)”で同じものを見ることができるので意味が無い、 そうだ。 で、自分は道を隔てたいくつもの議員会館と国会議事堂が地下道で繋がっていることに感心し、(これなら冬でもコートなしで移動できる) 子供にいったら、 「パパ、そんなの僕、学校で習って知ってたよ。」と言われた。  そうなのか、アメリカの学校はそんなことを教えるのか。