SSDに換装したWindows7 AHCI モードでクラッシュ

一世代前のノートブックパソコン、まだまだ使えるのだが、動作がやや緩慢、そこで最近ぐっと購入しやすい値段になってきたSSDに換装してみた。 使ったのは250GBのSamsung840EVo。 Windows用のマイグレーションソフトウエアが付属してくるのでUSBを通してSATAに接続できるケースさえ手元にあればディスクイメージのコピーは問題なくできる。 あとはパソコンの裏ケースをはずし、HDDを取り出して、SSDを組み付けるだけ。ただし、Dual Bootで入れておいたMint Linuxはきれいに無視されるので、バックアップとリストアをしっかりおこなっておいて、再導入する必要があった。またWindowsのリカバリーパティションも複製されないようなので、リカバリーディスクを作成しておく必要がありそうだ。 Windows7の起動とアプリケーションの起動が圧倒的に早くなった。 めでたしめでたし、と思ったが、付属のSamsung Magicianという管理ツールを使ってみると、AHCIモードが無効になっているので、最適状態ではない、というようなメッセージが出ている。 AHCIというのはディスクの管理モードのようで、BIOS画面を見るとHDDのアクセス方法の選択肢の一つになっていた。 このパソコンの規定値はIDEアクセスモードになっており、これをAHCIに変えてやればよいと思ったのだが、設定を切り替えて作動させてみるとWindowsが起動途中でクラッシュする。いわゆるBSOD(Blue Screen of Death=青いエラー画面)が出てその内容を読む暇もなくリセットがかかる。 しょうがないので、Bios設定を元にもどし、再起動。 Google検索で”BSOD Windows 7 AHCI SSD”のキーワードで検索したら、 以下の記事を発見。なんと4ねんん以上も前に書かれている。こういうEarly Adapterがいてくれるおかげで後からついていく我々はネット検索するだけで問題解決ができてしまう。 HKEY_LOCAL_MACHINE / SYSTEM / CurrentControlset / Services /msahci このレジストリの値を0に変更(自分の場合は3になっていた)してWindowsを終了し起動の途中でF2キー(Deleteキーの場合もある)を押してBios画面を呼び出して AHCIに設定しWindows7を起動すると今度はクラッシュすることなく必要なドライバーを導入した後、再起動を促されるのでもう一度リブートして解決。

ModX Revolution2.2 とIIS の相性

modXの2.2 がリリースされてから2ヶ月ほど経ったが、今回自宅のサーバーに導入してみた。 ホストサービスのほうで運用しているサーバーはApache なのだが、自宅はWindowsに実装したIIS7だ。 で、インストールしてマネージャ画面に行ってみたら、なんとリソースツリーがない。メニューとお知らせは表示されるのだが メニューをクリックしても空白の画面が出てくるばかり。 ログアウトもできない。 インストールを繰り替えしてみたり色々やってみたが拉致あかず サポートフォーラムに行って2.2のエントリーを眺めてみると、結構類似の問題が発生している模様、 その中で 「どういう訳か、IISではJS とCSSを圧縮するとうまく行かない」という記述があり、対策としてはPHPMyadminなどで直接mysqlデータにアクセスし、System settingの当該項目を圧縮あり(1)からなし(0)に変更すればよい、との書き込みを見つけた。 もっとはやく言ってよ。 早速SQLBUDDYでデータ内容を書き換えて解決。  

Comcast blocked my port 25

About a week ago, my PC’s mail client (Thunderbird) started to complain that it can not login to mail.comcast.net and i could not send any email. It continued to do so for about a couple of days. my wife’s PC was in the same condition. When I logged into Comcast web mail, an e-mail from Comcast was waiting. It basically told me that due to suspicious activity, they blocked my port 25 to protect me being from a victim of security attack. It also tells me how to setup a client to listen to another port.  So I went ahead and setup my client to use another port.  That was […]

running hmailserver inside comcast.net, relaying to smtp.comcast.net

Ok, Ingredient: Home computer “A”  working as a server linksys router that comes with ddns setup firmware for tzo.com htmailserver running on the home computer “A”. port forward set up for the linksys router port 25 (for smtp) and port 143 (for imap), pointing to computer “A”‘s ip address. set up the linksys router with Tzo.com (or dyndns.com) so that “mydomain.linksysnet.com” is now recognized from the outside world, pointing to computer “A” Using htmailserver administrator, configure imap account.  this is straightforward. For the sake of clarity, let’s say I have created “mydomain.linksysnet.com” domain in the administrator program, then I add an account “john@mydomain.linksysnet.com” I also set up a password for […]

Remote Desktop あれこれ

先週、うちの地下室のPCをWindows 7のHomeからプロフェッショナルにアップグレードした。 自分でデザインしたWEBPageを見るために同じパソコン上IE6,IE7などをバーチャルPCとXPモードの組み合わせで走らせられるようにしたかったのが動機だが、このXPモード云々はリモートモードで動いてる。 でSide benefitでリモートアクセスが他のコンピューターからもできるようになった。 このコンピューターからー>このコンピューターを操作するのに必要なツールというのは Windows 7 homeで走っている書斎のPC -> Windows Professional の地下室のPC: Remote Desktop Connection でOK Ubuntu Desktop で走っているノートブックパソコン->地下室のPC:  TS Clientという標準プログラムで接続OK で、興味がわいてやってみたら、 Windows Home -> Ubuntu Desktop  ‘は Windwos7側にTight VNC (Viewer のみ)というフリーソフトをインストールしてOK ここまではローカルネットワーク内部での話し。 外からアクセスできないかと思って調べていたら、今使っているリンクシスのラウターがDDNSという機能をサポートしているのにルータを買ってから3年目にして気が付いた。 TZOというプロバイダーを通して設定し、 ターゲットコンピューターのIPアドレスをポートフォワードしてすることによって、外部からドメインネームの指定で自分の家のパソコンにたどり着ける。上のリモートデスクトップ機能と組み合わせると外部からのデスクトップへのリモートアクセスが可能になる。 つまり、地下のパソコンに外部からの接続が可能。 と、ここまでは楽しくできたのだが、 会社のオフィスのパソコンからはこの方法が使えない。 会社の マイクロソフトファアフロントというセキュリティソフトがポートをブロックしているために接続が不可能になっているのだ。 で、あらためてネットを見直してみると、リモートアクセス用のプログラムというのが実は色々あるのに気が付いた。 logmein というツールがすぐれものだ、と聞いたが、試してみると、やはり会社のファイアウオールでポート接続が、はねられる。 この中でTeamViewerというプログラムはincoming ports を使用しない、というオプションがあり、office側のクライエントでこれを使うとファイアウオールを超えて通信が可能になった。 自宅のPCにTeamViewer のサーバー設定を前もっておこなっておき、 オフィスのPCからはTeamViewerのクライエントを使うか、ブラウザでTeamViewerのサイトにアクセスし、ここからログインすることによって、自宅のPCの画面を見ることができる。  私用に使うなら無料、というのがうれしい。 ま、繋がったから何か悪いことをやってやろうとか、そういうことではないのですが。TeamViewer は知識としてしまっておくくらいにしておいて、 役にたつかなあ、と思うのはDDNSを使った外部からのコンピューターアクセス。 Web Cam とリモートデスクトップを組み合わせれば旅行先から自分の家の中をモニターする、なんてことができそうだ。 このDDNSサービス、最初の30日は無料だが、あとは有料。 値段はmyname.linksysnet.comというdomain name なら年間25ドル。 自分のドメインを使いたければ50ドルだ。 PCにアパッチやIISなどのサーバー設定をしておけば、自宅でWeb Site のホストができるようになる。 プロバイダーのTZOも簡単に設定できるサーバーソフトを提供しているようだ。 http://myname.linksysnet.com で自宅のPC上で運営するWeb siteにアクセスし、 リモートデスクトップで接続先をmyname.linksys.net と入力すると自宅のPCのデスクトップを使える、という感じか。

Windows Share をLinux (ubuntu)側から(常時)みれらるようにする方法

Windows側からLinux Server 側のファイルを見る方法、というのはいくらでも方法が書いてあるのだが、その逆をやろうとするとあまり無い、いや、あるのだけれど、あっちに少し、こっちに少し。
というわけで。