いよいよ我が家もWi-Fiに

パソコンの一台をリビングリームに下ろしてインターネット閲覧専用機として使うことにした。 ケーブルを2階の踊り場からぶら下げるのも美しくないので、無線LANのCardを買ってきた。Routerの方は既に802.11b準拠のWi-fi. とにかく予算優先なので、その場で一番安いATTの6500Gというのを購入したのだが、これがトラブルの始まり。 Windows XPの標準プログラムで認識してくれないドライバーしかついてこない。 どうもセットアップが不安定な感じ。 結局参考書を買ってしまったがこれじゃあ、少し高い金出してLinksysのカードを買ったほうが良かったよ。 bが動かないのならgにしたろ、と都合よく考えてラウター/APの方をWRT54Gに買い換えた($70.最初の経費節減はどこ行った) 一応ネットワークも認識し、動くようになってめでたしめでたし。 (でもカード$30+WRT54G $70 プラス 参考書 30ドルで 130ドルかかっとる。) で、あらためてモニターを見て驚いた。 我が家のAPはSSIDを発信しないようにし、さらにDefaultから名前を変えて送受信自体も暗号化してあるが、 他に3つの”Linksys”とSSIDがデフォルトのままのA/Pを受信できる。(ご近所さん皆A/Pを使っているみたい) しかもそのうち二つのA/Pは暗号化してないよ。 むむむ。 もしかして ブロードバンドサービスをやめてもインターネットに接続できるかも。 せこいか。

Outolookが行う余計なお世話の話。

かなり前から気になっていて、時間がなくてよく調べなかったことにアウトルックのコンタクトがちゃんとソートされないという問題があった。 日本語の入った名前がちゃんと並ばないという問題は、自分自身の中では最初をアルファベット英文字で書き込むということで、PDA上の解決をみており、これを今回アウトルックにホットシンクしていたのだが、ちゃんと並んでくれない。 Current ViewメニューのCustomizeを開いて調べてみたらソーティングの基準がsirname yomiという、見たことも無いフィールドになっていた。 漢字を直接入力するときのことを考えて日本語バージョンはふりがなを入れるフィールドがついているのだな。 日本語機能を入れるとアウトルックは環境を判断してこのフィールドをソーティングのプライマリーキーにしてしまうのだな。 このフィールドがブランクだから、次のキーでソーティングし、結局訳のわからない順番になってしまうのだ。 うーん。 プライマリーソートのキーをLast nameに指定しなおしてあっさり解決。

「Jが言っていたんだけど、Jのシスターがボーイフレンドを自分の家に呼んで来て裸になってハギハギしてたんだって。 へんだよね。どういうことかな。Kがそういうのがセクシーなんだって、言ってたよ。」と息子がつぶやいた。学友のJとK,去年28日にSleepoverで我が家に泊まっていっている。そのときのPillow Talkで出た話らしい。さて、どう説明すべきか。 いや知らん顔するべきか。そろそろ性教育をはじめるべきか。 母親には言わない分別があるということはなんとなくやばいと気がついているところもあるらしい。 小学校3年生。 いよいよ面白くなってきた。

コンピューター将棋

昔から将棋が好きで、アメリカに来て一番困ったのが指す相手がいないという事だった。今ならネット将棋があるが当時はインターネットの影も形も無い時代だった。 そうタンディのTRS80というZ80 2メガ以下32キロバイトのパソコンに110ボーのモデムをつないでパソコン通信していた時代だったのです。 そういうわけで、パソコン用の将棋ソフトはDOS/Vの頃から手を出していたが、 初めてマジになっても勝てないソフトが4年前に日本に帰国時に購入したこのAI将棋2000 最初はレベル5までプレイでき、制限時間付きの挑戦モードで勝つとレベル6、レベル7が開くようになっている。 レベル7に挑戦する気になったのが3年後の去年。 で、下がその棋譜なんだけど、問題は80手目のこの局面。ここでは既に人間側がかなり良い。 だからこれはいったか?と思ってはいたのだが。   次のAIの一手がなんと9五角。 嘘だろー こういう手は人間は指さないよ(と思う。) で、このままずるずると人間側の勝ち。 記念すべき一局なのだからもうちょっと”らしい”手を指してほしかった。   時代は変わって今指しているのは激指し3というソフト。 これは最強モードの四段には勝てない。30秒将棋にすると二段にも勝つのは難しい。 自分の実力はわかってはいたのだが、これほど機械に勝てないと娯楽が娯楽でなくなる。  開始日時:2004/04/27(火) 00:50:42 先手:AI将棋2000 レベル6 後手:人間 ▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲5六歩 △5四歩 ▲6八玉 △6二銀 ▲7八玉 △5二金右 ▲5八金右 △4三金 ▲6六歩 △3三銀 ▲7七角 △4二玉 ▲2五歩 △3二玉 ▲6八銀 △3一角 ▲6七銀 △8四歩 ▲5七銀 △2二玉 ▲8八玉 △3二金 ▲7八金 △9四歩 ▲6八角 △8五歩 ▲1六歩 △8六歩 ▲同 歩 △同 角 ▲同 角 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛 ▲4六歩 △7四歩 ▲3六歩 △7三銀 ▲4八飛 △8四銀 ▲2八飛 △8五銀 ▲7七桂 △9五歩 ▲8五桂 △同 飛 ▲3七桂 △8二飛 ▲4五歩 △6四角 ▲4八銀 △8六歩 ▲同 歩 △9四桂 ▲6五銀 △4二角 ▲4四歩 △同 銀 ▲4五歩 △3三銀 ▲7四銀 △8六桂 ▲8七金 △9六歩 ▲同 歩 △9八歩 ▲8三歩 △7二飛 ▲6三銀成 △9二飛 ▲9八香 △同桂成 ▲同 玉 △8四香 ▲9五角 △同 飛 ▲同 歩 △同 香 ▲8八玉 △9九角 ▲7九玉 △8七香成 ▲6九玉 △7七角成 ▲6八桂 △9七角成 ▲5九玉 △7八成香 ▲5七銀 △4六歩 ▲7八銀 △同 馬 …

Onara

クラスで誰かがおならをしたとします。 音なしだったら、 本人が”Safetyと”言って他の人間に警告します。 音ありだったら聞いた誰かが”Doorknob”と言って他の人間に警告します。 息子の通ってる学校だけの慣習なのか、子供たちの間で一般的に行われている風習なのかは定かではありません。