Python3 の文字列 覚書

Python3ではstring = unicode string をアレーとして考えてslice するときもマルチバイト文字を気にする必要がない。 >>> s = ‘pythonに、どっぷりつかる’ >>> len(s) 15 >>> s[8:] ‘どっぷりつかる’ >>> s[:6] ‘python’ >>> s[:7]+s[8:12] ‘pythonにどっぷり’ >>> ただ、よいことばかりではなく、fileなどからのIO処理では読み込まれるのがバイト列になるため変換をしてあげる必要がある。 Python 2.7では必要なかったのでPython2.xのプログラムを移植するときに注意が必要。encode()としてunicodeのバイト列表示、decode()でUnicodeのバイト列をUnicodeの文字列表示 >>> s.encode() b’python\xe3\x81\xab\xe3\x80\x81\xe3\x81\xa9\xe3\x81\xa3\xe3\x81\xb7\xe3\x82\x8a\xe3\x81\xa4\xe3\x81\x8b\xe3\x82\x8b’ >>> b’python\xe3\x81\xab\xe3\x80\x81\xe3\x81\xa9\xe3\x81\xa3\xe3\x81\xb7\xe3\x82\x8a\xe3\x81\xa4\xe3\x81\x8b\xe3\x82\x8b’.decode() ‘pythonに、どっぷりつかる’ >>> 最初のバイト列がUnicode以外の文字列の場合はencodingを指定 >>> chara = b’\x63\x6c\x69\x63\x68\xe9′ >>> print(chara) b’clich\xe9′ >>> print(chara.decode(‘latin-1’)) cliché

Pythonの関数定義とパラメーター

Python3 をいじっていく中で、気が付いたことをこのプログにぼちぼち書き留めておこうと思う。 Pythonの関数定義ではパラメーターも戻り値もタイプを指定しない。C++,Java,Pascalなどの知識のある学習者には異常に見えるが、Python は loosely typed language なんである。 >>> def foo(a,b,c): return a*100 + b*10 + c >>> foo(3,2,1) 321 パラメーターに初期値を持たせることができる。 パラメーターを指定しない場合はその初期値が使用される。 >>> def bar(a=1, b=1, c=1): return a*100 + b*10 + c >>> bar() 111 >>> bar(3) 311 >>> bar(3,4) 341 >>> bar(3,4,1) 341 さらにはパラメーターを明示すれば、カッコ内に現れる順序を気にする必要がなくなる。 >>> foo (a=5,c=2,b=1) 512 >>> bar(c=3,b=2) 123 >>> bar(c=9) 119 >>> bar(c=6,b=4,a=2) 246