Category Archives: Technology

Sprint: your account can not be validated [Solved]

I got this recorded message when I swapped my cell phone from Samsung Victory to Galaxy S3 and tried to call somebody.

The S3 used to belong to my son, but he upgraded it to HTC One. which left the S3 unused. The phone is more capable than Samsung Victory that I was using, so I decided to swap the phone.
The process couldn’t be easier. After hard resetting and wiping my son’s setup including gazillion of text chat history, It can be done online by logging into sprint.com and select “upgrade my phone” menu selection from my device page. Sprint.com site is clever enough to recognize that I have unused Galaxy S3 under my account and suggested the device as a target device for the swap. It was just the matter of following the step by step instructions on the site page.

So the swapping was done in no time without pain, or so that I thought.

After the swap process, the phone was recognizing network. Setting up Outlook mail service, Google service and Dropbox service was completed without any issue. All I needed to know were the user name and password. Then the phone was receiving e-mails.

I could not call from the phone however. When I tried to call the phone from the land line and got the voice mail message. Also, when I tried to turn on the hotspot, I was told I was not subscribed to the service (which I am)

I first try to call Sprint but I was on hold for 20 minutes. during that time I was googling the net and found several posts regarding this problem. Most of the responses, including the ones from sprint support team was not helpful at all. Then I stumbled accross this one. This one turned out to be the right answer.

The process to remedy this problem, turned out to be simple. you need to go to “Settings” -> “More” ->”System Update” then select “Update Profile”.
The phone will want to reset itself once the update is complete, and after the reset, everything started to work.
I suspect, there was still some of my son’s profile data remained on S3 and it confused the network connection.
Now I have a cell phone with bigger size screen and bigger size memory. Considering the fact that my wife carries S4 and my son HTC one M8, I am lagging in the technology but hey, I am perfectly happy with what I got for free.

MyBook LiveというNASでWEBサイトをホストしてみた。実践編その3

一昔前と違い、WordPressやJoomla!あるいはDrupalとかModXなど Webサイトを作るのに
Content Management System (CMS)を使うのが当たり前のようになっている昨今、 Apacheサーバーにはデータベースサービス(例えばmysql)とこのデータベースとウェッブページをつなぐツール(例えばPHP)が必要だ。 最初から何も実装されていなければ、lamp(linux Apache mysql php)などという便利なパッケージもあるが、すくなくともapacheサーバーは実装されているのでlamplをインストールするわけにもいかない。

Mybook Liveで動いているApache2サーバーはすでにPHPも実装されている。 UIの画面自体、PHPベースのCakeというフレームワークで作成されているようだ。

<?php phpinfo(); ?>
という一行を phpinfo.php というファイル名でWEB folder上に保存し、(前回の例では/stores/Public/WWW) ブラウザでアドレスを mblwebsite/phpinfo.phpと打ち込むと、PHP情報が表示されるはずだ。
これを見るとMysql用のインターフェースも実装されている。 PHP側からmysqlをアクセスする準備は整っているわけだが、 残念ながらMBLはmysqlのサーバーは実装していない。
そこでMysqlサーバーを個人のリスクでインストールすることになる。
Debian上でのインストールはいたって簡単で、
#aptitude update
でパッケージリストを更新したのち、
#aptitude install mysql-server
または
#apt-get install mysql-server
インストールの準備が整うと、本当に実行しますか?と聞いてくるのでYesと応えるときちんと実行される(はず)
途中でパスワードを作るように催促されるのでMysqlのroot 用のパスワードを適当に考えて入れてやる。(覚えておきましょう)
インストールの終わりにはMysqlサーバーを起動してくれるので、 これをアパッチ側にも認識させるために アパッチサーバーを再起動
/etc/init.d/apache2 restart
これでApache +Mysql + PHP の環境が整った。
また、Mysqlの管理用にphpMyAdmin あるいは sqlbuddyなどの管理ツールを用意しておくと楽である。 これらはいずれもパッケージをダウンロードし、Web用のフォルダーにサブフォルダーを作り、解凍しておくだけで、すぐにブラウザーから使えるようになる。 詳細はそれぞれのパッケージのReadme を見てください。

MyBook LiveというNASでWEBサイトをホストしてみた。イントロ

行き当たりばったりに生活しているというのはおそろしいもので、 まず最初は突然我が家のPCのメインOSとなっているWindows Vista を Windows 7にアップグレードしようとおもったのが発端だった。

ハードディスクの中身を見てみると500ギガバイトの残りが100ギガバイトを切っている。アップグレードする前にバックアップしようと思ったのだがバックアップするスペースがない。

大半はごみデータだというのはわかっているのだが、全部見ていって整理する自信がなかったので、バックアップ用のハードディスクを購入することにした。

NetWorkに接続できるハードディスクで安いものをと探したらBestBuyで Western DigitalのMybook Liveというのがセールになっていたので買って来た。 ちなみにこのようなデバイスをNAS(Network Attached Storage)と言うようだ。

1テラバイトで130ドルだった。 電源を接続するとブートアップし、IPアドレスを通してブラウザベースのユーザーインターフェースで中身を色々設定できる。ネットワークにハードディスクがぶら下がってビデオとか写真のデータを入れておけば、家庭内のパソコンからアクセスできる。 便利である。 MioNetというサービスを使えば、外部からも接続が可能らしい。

インターネットで情報を見ていたら、このデバイス、実はDebianLinuxで作動している、ということがわかった。 ちなみにCPUは800MhzのパワーPC,メモリーは256MB. さらに裏技でターミナルモードでLinuxにリモートログインができる、ということもわかった。  Western DigitalではMyBookシリーズを色々だしているようだが、これをLinuxのコンピューターとして使ってしまおうというユーザーが情報を交換しあっているサイトがあるのを見つけた。

 

で,試している途中ではUIがつかえなくなりそうになったりとか色々てこずった部分もあったが、結果的にどうなったかというと、このサイトの情報を参考にしながら、WEBサーバーを構築し、その中でPHPとMySQLも動かすことができるようになった。 もちろん従来のNASとしての機能もしっかり動作している。

ただし、一旦改造したものに対し、ファームウエアアップデートをうっかりおこなうと、せっかく設定したLinuxのイメージの部分を全部書き直すことになるそうで、 そうすると、ハックした部分はすべてまっさらになってしまい、もとの木阿弥。そうなった場合のリストアの手段も考えておかなくてはならない。

これだけで、内部でテスト用のLinuxべーす、Apache WEBサーバーとして使える。

次にこのウェブサーバーを外部からアクセスする事もできるようにするためにはドメインネームを確保しなければならないが、ドメインネームというのは固定したIPアドレスに割り当てられるものだとばかり思っていた。 我が家のインターネット環境はプロバイダによって割り当てられるIPアドレスがダイナミックアドレスになっていて、ケーブルモデムをリセットしたりした場合に同じアドレスに落ち着くという保障はどこにもない。 これは、どちらかといえば普通の環境だと思う。 ちなみに我が家はComcastという米国大手のケーブルサービスを使っている。

世の中良くしたもので、このようなユーザーのためにDDNS(DynamicDomainService)というのがある。 常にIPアドレスを監視していて、変更があったらすぐにドメインのアドレスに反映される。 自分はTZOという有料のサービス(年間30ドル)を使ったがDynDNSとか、NO-IPとか無料のサービスもあるようである。 自分が使っているシスコの無線ラウターには最初からDDNSをサポートする機能がついていて、これを使ってTZOの設定を行うとusername.linksysnet.comというようなドメインネームで外部から自宅のルーターまでたどり着くことができる。 ルーターのWEB専用のポートをMyBookLiveにフォワードするように設定しておくと、 外部からMyBookLiveのWebサーバーに接続される。

というわけでHostService無し、専用のサーバーPCを自宅で常に電源ONしておく必要もない、という状態で、Webサイトの運営ができるようになった。データ量が大きいサイトには使えないかもしれないが、ひっそりと使うサイトはこれで十分かも。

running hmailserver inside comcast.net, relaying to smtp.comcast.net

Ok,

Ingredient:

Home computer “A”  working as a server

linksys router that comes with ddns setup firmware for tzo.com

htmailserver running on the home computer “A”.

port forward set up for the linksys router port 25 (for smtp) and port 143 (for imap), pointing to computer “A”‘s ip address.

set up the linksys router with Tzo.com (or dyndns.com) so that “mydomain.linksysnet.com” is now recognized from the outside world, pointing to computer “A”

Using htmailserver administrator, configure imap account.  this is straightforward. For the sake of clarity, let’s say I have created “mydomain.linksysnet.com” domain in the administrator program, then I add an account “john@mydomain.linksysnet.com” I also set up a password for this account, lets say “*htpassword*” is my password

‘attach’ existing external e-mail accounts to the “john@mydomain.linksysnet.com.”  In that way, all my e-mail accounts will be collected by this imap server.

receiving mail part is done.  this was straight forward.

The reason for this post is to document what had been done for email sending part.  this turns out to be a trciky part. There are a lot of posts about comcast smtp server relaying for hmailserver.   To make a long story short, the relaying of mail to smtp.comcast.net does work. here is how.

htmailserver side  : Settings->Prootcol->SMTP in “Delivery of e-mail” tab,

localhost name =”smtp.mydomain.linksysnet.com”

SMTP relayer : Remote Host name =”smtp.comcast.net”  Remote TCP/IP port =”25″

Server Requires Authentification=”Checked”  Username : your comcast mail address, ie “johnsmith@comcast.net” (Since you are a comcast customer, you do have one, don’t you?)

Password=password for johnsmith@comcast.net”

Use SSL =Unchecked

That’s all for htMailserver side.

Now I want to use my e-mail client (such as Thunderbird) to connect to htmailserver from other computer “B”. Since I setup the imap server, all  emails will be stored in the server (computer A) and not in the local folder (of computer B).  This is good because I wanted to access mails from multiple PCs.

Assuming Thunderbird as mail client,

mail protocol is imap.  server name for recieving mail is imap.mydomain.linksysnet.com.  Port is 143. Thunderbird should automatically configre this for you, if the hmailserver is properly set up and running (amazing)

For e-mail sender, the servername is smtp.myname.linksysnet.com.   you use plain password to send an email and the username is “john@mydomain.linksysnet.com”, password you are going to use is “*htpassword*”  and port you are going to use is 25

That’s all there is to it.  with this setup, I can send e-mail from ‘john@mydomain.linksysnet.com” to any e-mail addresses.

Its thrilling to see my email is now sent from “john@mydomain.linksysnet.com” rather than “johnsmith@comcast.net” tzo let you use your own domain name rather than linksysnet.com subdomain (for fee) so it is possible to have e-mail address such as john@smiths.info.

 

Sprint international works in Japan

This is something that was not true few years ago. Somehow I got a notion that Japanese phone system is different from the rest of the world and I can not use my Sprint phone in Japan.   I have found out now I can, sort of.

When I was in Korea, I turned on my Treo 755p phone function for checking out if the phone works.  I was greeted with two text messages, wellcoming me to Korea and also adviced me that it will be 2.29 US$/min for voice call and .001 US$ for 1KB of data. I quickly turned it off.   While I was in Narita on Transit, I turned on the phone again and surprised to see that the phone also worked there. 1.99 US$/min and no mention of data plan.    In any event, it is expensive solution but having a convenience of being able to carrying the same phone over the world even just for an emergency call is a welcome news.