MyBook LiveというNASでWEBサイトをホストしてみた。実践編その3

一昔前と違い、WordPressやJoomla!あるいはDrupalとかModXなど Webサイトを作るのに
Content Management System (CMS)を使うのが当たり前のようになっている昨今、 Apacheサーバーにはデータベースサービス(例えばmysql)とこのデータベースとウェッブページをつなぐツール(例えばPHP)が必要だ。 最初から何も実装されていなければ、lamp(linux Apache mysql php)などという便利なパッケージもあるが、すくなくともapacheサーバーは実装されているのでlamplをインストールするわけにもいかない。

Mybook Liveで動いているApache2サーバーはすでにPHPも実装されている。 UIの画面自体、PHPベースのCakeというフレームワークで作成されているようだ。

<?php phpinfo(); ?>
という一行を phpinfo.php というファイル名でWEB folder上に保存し、(前回の例では/stores/Public/WWW) ブラウザでアドレスを mblwebsite/phpinfo.phpと打ち込むと、PHP情報が表示されるはずだ。
これを見るとMysql用のインターフェースも実装されている。 PHP側からmysqlをアクセスする準備は整っているわけだが、 残念ながらMBLはmysqlのサーバーは実装していない。
そこでMysqlサーバーを個人のリスクでインストールすることになる。
Debian上でのインストールはいたって簡単で、
#aptitude update
でパッケージリストを更新したのち、
#aptitude install mysql-server
または
#apt-get install mysql-server
インストールの準備が整うと、本当に実行しますか?と聞いてくるのでYesと応えるときちんと実行される(はず)
途中でパスワードを作るように催促されるのでMysqlのroot 用のパスワードを適当に考えて入れてやる。(覚えておきましょう)
インストールの終わりにはMysqlサーバーを起動してくれるので、 これをアパッチ側にも認識させるために アパッチサーバーを再起動
/etc/init.d/apache2 restart
これでApache +Mysql + PHP の環境が整った。
また、Mysqlの管理用にphpMyAdmin あるいは sqlbuddyなどの管理ツールを用意しておくと楽である。 これらはいずれもパッケージをダウンロードし、Web用のフォルダーにサブフォルダーを作り、解凍しておくだけで、すぐにブラウザーから使えるようになる。 詳細はそれぞれのパッケージのReadme を見てください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.