MyKbdとFitalyの入れ比べ

ハワイに行くのにマイレージをかき集めて使ったので、当然というか、デトロイトからの直行便ではなく、LA経由の長い飛行機の旅になった。 途中で本を読むのもいやになってきたので、TXを出していじっているうちにMykbdの入力で実際どのくらいの速度が出ているかFitalyと比べてみようと思い立った。 とにかく時間はたっぷりあるのだ。 Fitalyについてくる入力練習用のFitalyLetrisで英語の定型分の入力を2回づつやってみた。 

結果 Mykbdは27wpm, Fitalyは22wpm. まあFitalyは最近ほとんど使わなくなったのでこんなものかも。 ついでにGrafity2の入力は17wpmだった。 Grafity2は自分の場合、tの入力でまだ筆順がおかしくなってしまうことがある。 Grafiti1だったら20wpmは行くかな?

それにしてもFitalyで50wpmを叩きだせるという人がいるらしい(fitalyのHomePageに書いてある)というのはどういうことなんだろう。  自分はパソコンのキーボードならブラインドで70以上は行ってるはずだが、Pick and Peckで50というのはすごい集中力だと思う。。

自分は、ソフトキーボードのほうがGrafiti入力よりもスピードが速いが、ストレスの面ではおそらくGrafitiのほうが頭に優しいと思っている。 ソフトキーボードではブラインド入力が不可能なので、いつもキーボードを眺めていることになる。 入力を確認するために入力フィールドを見て、また視線をキーボードに戻す、つまり視線が行ったりきたりするので疲れてしまうらしい。 Grafitiならば視線は入力フィールドに固定されていて、入力セルに戻ることがほとんどない、つまりブラインド入力ができている。 多分この違いだと思う。

もっとやってみようかと思ったが、女房に取られてづっとBejeweldでバッテリーを消費された。 子供のほうは親が遊んでいると言うのにDSは1時間しか遊ばせてもらえずブーブー言っていた。 

NorthWest(ミシガンの人間はみなNorthWorstと揶揄するが)は去年の暮れに破産申告をした後、国内線コーチクラスのスナック、食事の類はすべて有料になったのだった。 無料なのはジュースやソフトドリンクだけなのだが、そのせいか、飲み物サービスでは気前良く缶を丸ごと置いていく。

一度くらいは家族でビジネス・ファーストクラスを使って旅行してみたいモンです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.