Together という中国の映画を見た。

オリジナルタイトルが He ni zai yi qi  

という。2002年製作で、捨て子を拾った父親が子供のバイオリンの才能に気づき、彼の将来のために奔走する話。 タイトルは部下の中国人に聞いたら、  和你在一起 という漢字を当てはめるそうで、 いつも一緒にという意味らしい。 (你は弥のへんをにんべんに置き換えた字)

この坊やがバイオリンを弾いているのだが、本当に弾いているのかどうかが良くわからない。 最初に見たときには本当に弾いている、すごい。音を聞くだけでも価値ある、と思った。 ただし女の子のほうはタイミングがずれていたり指使いがあってなかったので、ちょっとおかしいぞと思った。 ビデオに撮っていたのをもう一度見てみたら、男の子のほうもずれているところがある。

確かに何か演奏していることに間違いは無いが、ではそれがそのまま使われているかと言うとそうではなさそう、というのが自分の現在での結論。 

その他思ったこと。

アメリカの鈴木の子供たちが同じような曲を弾くときははもっと体が動くが中国はあまりうごかさないのかな。

バリバリ練習しないとああは弾けない。 ピアノだけでバイオリンンの教師ができるものでしょうか。 それが出来るから天才なんだといわれればそれまでだが。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.