Connectivity

ハワイ島のホテルはそれなりのホテルだったので、 全室Wifi の設備が入っていてインターネット環境は万全だった。 1週間で35ドルの料金を払えば使い放題で、 こんなリゾートでなぜネット接続しなけりゃならんのかと思わなくもなかったが、レストランとかアトラクションの予約もできるので便利なことはたしかである。

オアフの方は3人まとめて1週間390ドルという格安のホテルだったのでそういう設備は何もなかった。(エアコンなしで200ドル台、という部屋もあったがさすがにスキップ) ロビーに10分1ドルで使用できるパソコンが置いてあるのみ。が、ホテル街のど真ん中である。 探してみると、アクセスポイントが何箇所でも発見できる。 

要はとなりの豪華ホテル群のアクセスポイントの信号が(感度は悪いが)届いているわけで、 これを使わしてもらって接続できた。(場所とか位置とか色々動かして信号感度を良くしなければならないという不便さはあった。) というわけで、観光地でもWifiさえあればネット接続が可能、ということがわかった。

 

自分が今住んでいるアンアーバーでもカウンティ全体をWifiのブランケットで接続可能にしようというプロジェクトが構想されている。 大学の町なので、こういう動きはたぶん米国の他の地域に比べても早いほうだろう。  いつになるかはわからぬが、それならば携帯のキャリアーで接続するなんて話は一時的な話で、最終的にはWifiだけでどこでも接続できるようになるのだ。

700pは買わないぞ! (と結局これを自分に言い聞かせたかったのだった)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.