Off Flush 2.0

しばらく1srcを見ていなかったが、Off flushののスレッドでPrussさんがOff flushのバージョン2.0を発表しているのに気がついた。 プルスさんのホームページから直接ダウンロードになっているのだがファイル名がなんとDangerousFlusherとなっているのだ。 コメントを見ると最近まで色々いじってたみたいだが、今は安定作動しているみたいなので、入れてみた。  最初に気がつくのは高速オプションがついたこと。 それと実際にFlushしてみると、Flushing..というメッセージダイアログが出るだけのインターフェースに変わり、画面がじわじわと反転していくのは無くなった。 高速オプションは、確かに高速だ。

f:id:A2-living:20060824114934j:image

さて、フラッシュ後の画面を見てあれれと思ったのはクリアされたメモリーの量が以前より増えているのだ。以前は9.1mBが最高だったが今回は9.6mBとなっている。景気良くメモリーをクリアしてくれるは良いが何か副作用が出ないかどうか、すこし心配。 というわけで、上にファイルへの直リンクを入れてはあるが、PrussさんがわざわざDangerousというファイル名を使って注意を喚起していることも忘れずに、試す場合も自己責任で試しましょう。 

補足:(25日)1SRCのスレをもう一度眺めてみたが、どうもRbackupの作者さんとPrussさんはお互いのコードを改良しあいながらアルゴリズムを共有しているらしい。 RBackupの次回のリリースはもっとも安全なバックアップソリューションになるでしょう、みたいな事をPrussさんが書いている。また昨日は書き忘れたがDangerousFlusherと名のついたZipファイルはソースコードも含まれている。さらにDA版も入っているのでDAランチヤーからの一発起動も可能。 さらにFastのチェックを外すと、さらに徹底的なメモリークリアをやってくれるようで、また2パーセントほど開き領域が増えた。 24時間経過したが問題は起こっていない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.