MyBook LiveというNASでWEBサイトをホストしてみた。実践編その1

Mybooklive、サーバー化の第一歩

というわけで、Western Ditigalの廉価版のNAS Mybook LiveをWebサーバー化する方法を
書いておく。
まずはSSHによるターミナルアクセスを アクティブにする。
MybookLiveではGUIの隠れコマンドになっている。
まず、MybookLiveにログインした状態で、WEBブラウザーの”192.168.1.25/UI”などとなっているアドレスバー上のアドレスを”192.168.1.25/UI/ssh” というように”ssh”を追加することで、sshのコントロールパネルが開く。 ここでsshにチェックマークを入れるだけで完了。
他のMybook製品に比べるとかなり手順が簡単になっているらしい。
これでセキュアシェルのログインができるようになったわけで、UbuntuなどのLinux機からのアクセスはターミナルからsudo ssh root@192.168.1.25 などとやるだけでよいのだが、 Windowsからの接続はPuttyというユーティリティプログラムが必要。
上のリンクからPutty.exe.をダウンロードして実行する ホストネームまたはIPアドレスを入力してSSHを指定してOpenするとリモートログインのコマンド画面になる。root ログインでデフォルトのパスワードはwelc0meになっている(英語のオーではなくゼロであることに注目)
ちなみにこれはMybook liveのデフォルト値なので、外部アクセスを許すつもりなら、パスワードは変更しておいたほうがよい。”Unixコマンド:passwd”
ハックサイトではナノというエディターを使うことを推奨している。このエディタはnano filename で起動できるが、同じユーザーネームとパスワード、そしてport 22指定で、sftp接続もできるので、 Filezillaからsftpで接続し、ファイルのエディットはFilezillaのView/Edit機能を使ってWindows環境で行うこともできる。
オプショナル:
いつもrootで接続するのも気持ちわるいので他のユーザー名を追加しておく
useradd user1 -p user1password
しかしこのままではuser1はsshからアクセスすることはできない。/etc/ssh/sshd_config の中にあるAllowUsers directive にuser1を追加する
AllowUsers= root
これを
AllowUsers= root user1
と変更し、ファイルを読み込ませるために以下を実行
/etc/init.d/ssh reload
ところで
sshのデフォルト設定ではパスワード無しのログインはできないようになっているので(sshd.conf中で設定されている)パスワードを空白に指定するとアクセス不能になる。 まさかと思ったがネットの記事を見るとRoot権限のパスワードの設定を空白にしてしまう人もいるらしいので ご注意を。 しっかし root で侵入されて cd / ; rm * とでもやられることをかんがえないのだろうか?
次にはPHPを実装したWEBサーバーは簡単に構築できる、というか、すでに実装されている。 その証拠にIPアドレスを入力してあげるとhttp://mybookliveaddress/UI というアドレスに自動的に飛んでログイン画面になるわけでしょう? これってWebサービスですよ。
FileZilla で、中身をのぞいてみると /var/wwwというところにWEB用のページがおかれていることがわかるので、ここにソフトリンクをはってしまえばよいことになる。
ln -s shares/Public/WWW /var/www/myweb
上の例ではPublic Share にWWWというフォルダーをつくり、これをホームページとしてサーブしてもらう感じ。
他の手段としては フランスのどなたかが、FeaturePackというユーティリティを作ってくれている。
これだとmybooklive:8080 が通常のWEBサイトに、 さらにhttps://mybooklive がメディアサーバーとしてセットアップされるようになっている。
そのうちに説明をポストするけど、いつになるかわからないので、英語に自信のある方は自分でやってみてください。

また、どちらもMySQLデータベースは実装されていないので、WordPress などMySqlサーバーが必要なCMS等を運用する場合には aptitude、あるいはapt-getを使って追加してあげる必要がある。  これもそのうち説明します。(まだ2日しか動かしていないのではっきり作動しているという保障がないので)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.