Subaru が 2台に

10年間乗っていたいすゞのロデオちゃん、20万キロのったせいか、だいぶがたが来ていて、オイルは大食いするし、排気管からチリチリチリッと漏れているしで、つるつるになったタイヤの替え時が車の買いどき。

過去2ヶ月ほど、ディーラーによったりで色々ながめていたのだが、 どうもこれはというものが無い。 この金融危機のさなか、ちゃんとローンがくめるのだろうか、という不安もなくは無かったが、 結局迷ったあげくに決めたのがSubaruの車。 2009 年のForesterは今年のモータートレンドで2009 SUV of the year に選ばれたばかりだし、Consumer Reportの評価でも最高得点をもらっており、自分としてはこれにしたかったのだが、女房が言うには”Active Headrestがどうにも後頭部にさわってうざったい。” のと、”メーターのまばゆい青色が好きじゃない”ので却下。 結局、レガシーベースのアウトバックにおちついた。 ロデオより車体が長いのに明らかに回転半径が小さく取り回しはこちらのほうが楽。 これで3年前から乗っているインプレッサベースのアウトバックスポーツと合わせてSubaruが2台になってしまった。前車の購入から3年経ったので今回のエンジンは馬力が少し上がっているものの、2.5Lと同じ排気量である。 車体の大きさが違うのできびきび度が違うが、どちらにしても馬力に不足はない。 なんだかすごくシンプルなカーライフになった。 今から雪道の運転が楽しみ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.