versamailで疲れる

Versa Mail 経由で会社のアウトルックメールのインボックスと同期が取れるようになった。

とは言っても、すんなりうまくいったわけではない。 いろいろと躓いた。 しかしながらTreoCentralやらSprintフォーラムのポストを見ながらなんとか設定に成功

Versa mailのEAS(Exchange Active Sync)機能を使ってSprintのデータサービス経由で MS Exchange Server と同期を取ると、メールと同時にカレンダーとコンタクトも同期する。 ただし、Versa mailにEAS の設定を行った時点でこの二つのアプリケーションは通常のhotsync機能のほうが無効になる。 (最初、これがわからなくてhotsync logを見て大いにあわてた。) もっとも 携帯の電波が届くところならどこでも データ更新されるので、hotsyncができなくても困ることはないわけだ。

Versa mailに EASのアカウント設定をすると、その場で接続テストが行われ、すぐにsyncしろ、と言ってくる。 OKボタンをタップするとmail, Calendar, Contactsの順でデータを初期化するための同期が始まる。

これに結構時間がかかった。 

最初はCalendarの途中でアボートしてしまった。 PC上からアウトルックのカレンダーを眺め、リスト表示をしてみたら、タイトルが空白のイベント項目を見つけ、これがたぶん悪さをしている、と見当をつけて削除。 最初から作業をやりなおす。

これでCalendar もつつがなく同期に成功。 

その次にContactの同期、 sync状態を示すバーコードがほとんど100パーセントの最後の最後に AirSamStatusMachine.C 云々というエラーコードが出る。 Calendarと同じようにOutlook上からリスト表示の住所録を眺めてみたが、すでに2000件以上の住所が入っていてはっきり言って見ていてもらちがあかない。

RescoBackUpでバックアップを取ってある強みで、Treo上のPaddデータを削除してContactを空っぽにしてみた。 

念のため Versamailからアカウントを一度削除し、ソフトリセットをかけた上でEASアカウントを再度設定し、同期を開始。

今度は最後までたどり着き、 ”Your EAS push mail is now enabled” <-うろ覚えですが、確かこんな文句 のメッセージが出た。 

これで自分にもメールがついて回ることになるわけだが、しばらく周囲には黙っていよう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.