本田Americaの従業員が起こしていた訴訟で、会社側が従業員一人あたり750ドルの和解金を払うことで結着したそうだ。

起訴の内容は作業着に着替える時間を残業として認めろというもの。

平均時間は7分弱。

日本だったら考えられない話だ。 と 思っているのだが、今浦島の自分には本当のことはわからない。 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.