将棋駒をJavaScriptで動かす

前回作った将棋盤で、初期画面を表示することができたので、ここから駒を動かすしかけをJavaScriptで作成していく。

駒の動きを表すデータ形式をまず決める。やはり、boardというグローバルオブジェクトの中にmoves というString配列 として用意することにする。

一文字目:先手・後手の指示、s (先手)またはg(後手)の一文字で表記。先手が2手続けて指す、ような場合にも対応、  ‘x’で終了。
二文字目:駒を打つ場合にはd(drop) ,駒をなる場合には’+’, それ以外は読み込まない。
三、四文字目:駒の移動先の座標 3四の場合は34 etc.,
五、六文字目:二文字目、drop指定以外は駒の移動元の座標 3三の場合は33 etc.,
二文字目がDrop指定の場合、五文字目は駒の指定一文字jとなる。(p,l,n,s,g,r or b)

たとえば、後手3三の駒が3四に行く場合の表記は “g-3433″となる。 コマの種類に無頓着に3三にあった駒を3四に移動する、という考え方である。

また、後手側が歩を2三に打つ場合は”gd23p”となる。

駒をとる、という表記がないが、これは移動した先に駒があれば、それを取るということにする。よって明示的には記述しない。

また、’*’以下の文字列をコメントとして認識し、コメント欄に表示できるようにする。 一文字目にあれば、駒を動かさず、コメントのみ更新する。

 

配列のポインターとしてboard.index という変数を指定しておく。 初期値は当然0.

これらのルールによって、一連の駒の動きをあらわすとたとえば以下のようなデータ配列となる。


object={
.
.
.

moves:[
"*this is a comment that should go to comment line",
"s-2627 *here, the sente moves a piece from 27 to 26",//2六歩
"g-8483", //8四歩
"s-2526", // 2五歩
"g-7261", // 7二金
"s-2425", // 2四歩
"g-2423 *capturing the piece is implied", //同歩
"s-2428", // 同飛車
"gd23p", // 2三歩打
"s+2324",// 同飛車成り
"g-3241", //3二金
"s-2223", // 2二竜
"g-2231", //同銀
"x" //終了
],
index:0,
.
.
}

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.