ハリーポッター完結篇

2週間ほど前に発売し、大型書店には山積みになっていた。 一応子供は予約しておいたらしく、40%引きのスティッカーの張ってある、とっても分厚い本を引き取ってきた。  3日で読破(息子のほうです。)父親は最後の20ページをつまみ読み。

夏休みということで、子供に日本文の感想文を書かせようとしたのだが、これが大変。

「この本ではたくさんの人たちが死にました。」

ではじまり、

(以下、ハリポタのファンは読まないほうがよいかも。 名前は全部伏字にしますが、もしかしたら推測できてしまう)

「○○と○○たちは ホルクラックスを探しにでかけます。 ホルクラックスは○○のかけらです。 途中で○○は別れますがまた一緒になります。 ○○と○○は○○につかまりますが○○が助けにきます。だけど○○は死んでしまいました。○○と○○は結婚しますがすぐ死んでしまいました。○○も死ぬ。○○も途中で死ぬ。○○は良い人になって死にます。 ○○と○○が最後の一騎打ちをします。そして○○が死にます。」

「お前だれそれが死ぬとした書けないのかえ?」

「もっといるんだけど」

「だからそれ以外のことはかけないのかえ?」

「最初のお話ではぜんぜん駄目な生徒だった○○はすごく立派になってすごいと思いました。」

「で、感想としてはどうなのよ。」

「とりあえず面白かったです。」

ワープロで書かせたのでこれから添削するつもり。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.