わかったつもりになってはいけない

地下室においてあるPCのWEBServerはIISで動いている。 いや、Windwos7がはいっていたので、気軽な気持ちでIISを導入し、うごかしてみたら、設定が簡単だったのと、PHPのサポートが意外と充実していたので、サーバーとして使うことにしたのだ。すでに2年ほど支障なく動いている。

もっとも、アプリケーションはPHPで動くModXだ。 asp、aspx ベースではない。Visual Studioも(タダだし)起動画面までは見てみたのだが、C#もVBも覚えるつもりがなく、 結局JavaScriptやCSSだけでWEBサイトを構築できるPHPベースのModXでうごかしている。

ひとつだけ問題があるとしたら、IISベースではFriendly URLがサポートされていないこと。 IIS自体はFURLはサポートしているのだが、別途設定しなければならない。これがApache ベースのサーバーではModXに付属してくる.htaccess ファイルで簡単に対応できる。

世の中よくしたもので、IISでこの.htaccess をそのまま使えるツールが存在する。 Helicon Ape というユーティリティなのだが、サーバー3本までは無料バージョンでサポートされている。 これを入れて、ModX側のFriendly URLのシステム設定をOnにするだけで、FURLが有効になる。 するとそれまでは
http://mysite.org/index.php? id=36
などという味気ないURLが
http://mysite.org/this_pabe.html
という”読みやすく覚えやすいFriendlyな”アドレスに書き換わる。

この組み合わせで半年ほど快適に使ってきたのだが、ある日突然うごかなくなってしまった。 なぜか、最初はわからなかった。
で、いろいろ調べた結果わかったのが、IISの設定。このサイト、.net frameworkをつかっていないのだからいらないだろうと、.netのサポートをIISのメニューから前の日に外していた。外した途端に動かなくなったわけで、ホームページ自体はPHPがきちんと動いて表示するが、リンクが全部だめになったのは、要するにApeが作動していなかったので、
http:/mysite.org/this.page.html
を Apeが以下に変換、
http://mysite.org/index.php ?q=”this page.html”
さらにこれをModXが読み込んで
http://mysite.org/index.php ?id=36 に変換
という書き換えができなくなっていたわけ。 つまりApe 自体はIISの.net frameworkの上で動いていたわけだ。

で、あらためてHeliconのページを読んでみれば

Helicon Ape is implemented as managed IIS 7 module and can be installed as .NET module on any ASP.NET-compatible IIS version. It works transparently for both server and client and can even be installed on a shared hosting account without administrative access.

.NET module だと、しっかり書いてある。(おい)

わかったつもりになっていてはいけません。

2 thoughts on “わかったつもりになってはいけない

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.