世の中当然進歩しているわけで、 その進歩の中、しつこくTreo755Pを使い続けるのは要するにこの不況で浪費する金がないわけだが、それでも子供の教育費、お稽古事だけはあいかわらず豪儀に出費しているのを当の子供はちっとも理解しない。 ぶつぶつぶつぶつ

それはさておき、一週間ほど日本と韓国に行ってきた。約2年ぶりの日本である。 今回はアメリカの同僚と一緒だったが、 日本で早速CDMAのVerisonのセルをデータ接続していた。 Verisonが繋がるならSprintが繋がっても良いじゃないか、と思ったがホテルはWifiとSkypeとネットブックでなんとかなってしまったので、電話機能をONすることさえしなかった。 2年前はSprintの電話は使えなくて携帯を空港でレンタルしたのである。

韓国のお客のところに行ったときに待ち時間があったので、ここはCDMAのテストベッドだと思い出し、電話機能をONしてみたらなにごともなく画面が切り替わってTextが2通きた。

‘Welcome to south Korea. To call US dial 002-1-area code-number. to call Sprint Care dial 0’

‘Voice rate: $2.29/min CDMA data:$0.002/kb (or plan rate) Texting:Not currently available’

Textでお知らせしてくるくせにTextは使えないらしい。 Plan rate というのはDataPlanに入っていればよいのか、それともInternational Planみたいなものがあって少しはやすくなるのかもしれない。 ただ韓国で気軽に電話でだべる友達はいなかむにだから、すぐにオフするはせよ。

帰りは成田でトランジットだったのであらためて空港待合室でオンしてみたら、シグナルビンビンで、またまたTextメッセージを受信

‘Welcome to Japan. To call US dial 001010-area code-number. Voice rate $1.99/min Sprint Care 001010-1-817-698-4199’

こっちはデータの記載もない。

一分200円というのはいかにも高いが、空港でレンタルしてもそれなりに出費してしまうわけで、緊急連絡用と考えればこれで十分つかいものになるのかも。

それはさておき本日でノースウエストの便名は終了するそうだ。 明日からはデルタ航空の便名に変わるとのこと。 NW-XXXというフライトナンバーが見られなくなる。 これも時代の流れか。

自分が契約している携帯のプロバイダーはSprintなのだけれど、このキャリヤーの場合、BroadbandのDataPackの契約料は基本料金プラス15ドル/月だ。 これでテキスト、WEB,eMailなどは使い放題になる。 

一方 Phone as Modem (PAM) というサービスもあって、これはSprintから専用ソフトをダウンロードすると、なんと電話をPCにUSBかBTで接続することによってモデムとして使用することができる。 

これを月15ドルでできたら万歳なのだが、PAMを契約するとさらに月25ドルの出費になる。

これはないでしょう、と考えるのは誰でも同じで世の中にはこの15ドルのサービスを使ってモデム化できる商品が存在する。 自分の携帯はTreo 755Pだから、Palm OSの場合はPDANETとUSBMODEMという二つのソフトウエアアプリケーションがこれに該当する。 自分の場合はPDANETにしたが、操作は簡単。 USBで接続してアプリを起動するだけでWifiの無いところでもインターネット環境が使える。

で、実はこのエントリーもPDANETとノートブックを使って普通ならできないような場所で書いているのだ。 なかなか快適

Tab 入力はどこに?

Treoのキーボード入力はやはりスタイラス入力よりは早い。 メモを入力するにもプチプチという感じで入れられる。 昨日メモっていてはたと困った。 Tabはどうやって入力するんだろう。 オプションキーによるシフト文字を眺めてもそれらしきものはない。 ほとほと困った。 1Srcに投稿してから気がついてググって見た(順番が逆だ)ら、簡単に見つかった。 5年ほど前の投稿で Shift-SpaceでTab入力ができることがわかった。 これってマニュアルを流し読みしてみた感じでは書いてないみたいだ。オプションキーによる特殊文字の出し方など、詳しくのっているのに何故にTab入力の説明がないのでしょう。 

The backspace, return, Space and Shift Keys, asa well as the letter keys, work in the same way as do those found on any computer keyboard.

って、 シフトスペースでTabなんて聞いたことがないぞ。

 キラーアプ

最近、キラーアプリだと思うのが、evernote.

基本的にはフリーフォームデータベース、 自分の気になる情報をどんどん入力(タイプイン、コピペ、ファイルの添付)していくだけでよい。

デジタルインクや、手書きのデータなどは(英語なら)認識してインデックスを作ってくれる。ので検索が可能。 

以前から使っていたが、いつの間にか日本語入力がOKになり、Version3になってからはWeb Appに変貌してインターネットを通してデータベースのバックアップおよび、閲覧ができるようになった。

モービルクライアントのほうも、Windows Mobileの他にiPhone用のクライアントも開発されて便利そうだ。 残念ながら、すでに旬を過ぎた(と思われている)Palm用の専用クライアントは無いが、Mobile専用のWebポータルがあるので、こちらを利用するとTreo755pからも使うことができる。 このことはつまり、 いつでも、どこでもevernoteに接続して、キーワードをどんどん入れていくだけで、自分がセーブした情報が絞り込み検索されていき、探している情報にたどり着ける、ということで、まさにEverNoteのキャッチフレーズ、頭脳の容積がひろがったという感じになる。 このモービルポータルではミニーさんのPalmGateを使えば、日本語表記も 書き込みもOK. というわけで、Palm Treoでもつかえるのではあるが、 それでもやっぱり専用クライアントがあるといいなあ、とマイナリティに悲哀を感じる今日この頃。

Versamail で EAS に接続する

Direct Pushが便利: 最初の二日間はOutlook側のファイルが壊れている?らしいことからの不具合が続いたが、手作業でOutlook側のカレンダーと住所録をクリーンアップした結果 なんとかエラーメッセージが出なくなり安定。 なれてしまうとこれはとっても便利。 何もしなくてもカレンダーとコンタクトがOutlookサーバーと同期してくれる。

標準カレンダーのアプリにMapというボタンがついていることに気がついて押してみると、なんとGoogle Mapが立ち上がって住所をマップ上に表示してくれることに気がついた。  アプリもそれなりにバージョンアップしているのだなあ。

試験投稿

実験的にTreoからwebページーblazer-を使って直接投稿してみる。(携帯アドレスからの投稿は日本のアドレスしか認識してくれないようだ

EVDOを介しての接続はメールの閲覧には充分だし,internetも、あまり重いページで無ければそんなにはストレスは感じない。

[Treo] ちがう物だった

TAKEphONE というアプリケーションを試しているのだが、はっきりいって感心している。

携帯としてのuser interfaceとしてうまく電話の機能とランチャーの機能を統合してあって、Palm在りきで進化してきたほかのアプリケーションとは一味違う感じなのだ。GUIが洗練されているということも有るけれどアプリケーションのタイトルで示唆しているように、 this ONE TAKE care というような作りになっている。

このアプリケーション、勿論TXでも動作するけれど、Treo以外のPalm機ではこれほど魅力的にはならないと思う。

TreoとPalmでは実はその動きが犬と猫ほども違う。 と思う今日この頃。

DateBk6.1a

DateBkは 6.0aが正規のバージョンだが、6.1aがすでにPimlicoのサイトからダウンロード可能だ。 実はTXではOutlookとの同期がうまくいかなくて、安易な解決策としてKeySuiteを使って同期していたため、DateBk6からは遠ざかっていたのだが、Treoに変えたところで、SprintのEVDOサービスを使ったEASの同期がカレンダーとコンタクトのデータに対して自動的に行われることから、KeyCalendar,KeyContactなどを引退させて、Palm純正のCalendarやContactのデータベースを利用するアプリに戻らざるを得なくなった。 

これはこれで、KeyTaskとKeyNoteを残しておけば、OutlookのTaskとMemoはこちらで扱い、PalmのTaskとMemoはPalmDeskTop側で扱うことができ、なんとなく得をした気分ではある。

純正のカレンダーもなかなかの熟成度ではあるものの、一度DateBk5/6を経験した身にとっては機能がいささか物足りないのも事実。 でもアウトルックの参加者名簿なんてのが、DateBk6ではみられないからなあ、と考えながら、Pimlicoのサイトに行き、すでに公開されている6.1で実装された機能の一覧を眺めていたら

  • Blobデータを直接扱えるようになった。
  • 上記データタイプで扱うフィールドを全部見ることができるようになった。つまり従来は見ることのできなかった会議の参加者リストなどを閲覧可能になった。
  • 他のアプリでデータがアップデートされたアイテムの自動検出、つまりEASにより、バックグラウンドでカレンダーアイテムが更新されても大丈夫

というようなおいしい項目がならんでいたので、早速ダウンロード

ちょっといじってみて感じることは

やっぱりこれはパワーユーザーのためのアプリですね。 早速ハードボタンの割付をCalendarからDateBk6に変更いたしました。

versamailで疲れる

Versa Mail 経由で会社のアウトルックメールのインボックスと同期が取れるようになった。

とは言っても、すんなりうまくいったわけではない。 いろいろと躓いた。 しかしながらTreoCentralやらSprintフォーラムのポストを見ながらなんとか設定に成功

Versa mailのEAS(Exchange Active Sync)機能を使ってSprintのデータサービス経由で MS Exchange Server と同期を取ると、メールと同時にカレンダーとコンタクトも同期する。 ただし、Versa mailにEAS の設定を行った時点でこの二つのアプリケーションは通常のhotsync機能のほうが無効になる。 (最初、これがわからなくてhotsync logを見て大いにあわてた。) もっとも 携帯の電波が届くところならどこでも データ更新されるので、hotsyncができなくても困ることはないわけだ。

Versa mailに EASのアカウント設定をすると、その場で接続テストが行われ、すぐにsyncしろ、と言ってくる。 OKボタンをタップするとmail, Calendar, Contactsの順でデータを初期化するための同期が始まる。

これに結構時間がかかった。 

最初はCalendarの途中でアボートしてしまった。 PC上からアウトルックのカレンダーを眺め、リスト表示をしてみたら、タイトルが空白のイベント項目を見つけ、これがたぶん悪さをしている、と見当をつけて削除。 最初から作業をやりなおす。

これでCalendar もつつがなく同期に成功。 

その次にContactの同期、 sync状態を示すバーコードがほとんど100パーセントの最後の最後に AirSamStatusMachine.C 云々というエラーコードが出る。 Calendarと同じようにOutlook上からリスト表示の住所録を眺めてみたが、すでに2000件以上の住所が入っていてはっきり言って見ていてもらちがあかない。

RescoBackUpでバックアップを取ってある強みで、Treo上のPaddデータを削除してContactを空っぽにしてみた。 

念のため Versamailからアカウントを一度削除し、ソフトリセットをかけた上でEASアカウントを再度設定し、同期を開始。

今度は最後までたどり着き、 ”Your EAS push mail is now enabled” <-うろ覚えですが、確かこんな文句 のメッセージが出た。 

これで自分にもメールがついて回ることになるわけだが、しばらく周囲には黙っていよう。

なぜにいまさら755pか

Centroだったらアップグレードの費用が100ドルで済み、しかも1ヶ月分の携帯費用が無料の特典がつけば、ただ同然で入手できたような気がする(もっともアプリをたくさん買い込んでもとの木阿弥になるのだろう)が、 それができない絶対的な理由がありまして

老眼

orz

店頭で見比べてみたのだが、スクリーンサイズの差が歴然。 思いっきり手を伸ばさないと字が見えないのであった。

実はCentroのGoogle MapはSprintの自己位置割り出しサービスを使って自分の位置をマップ上に出せるらしいのだが、755Pではこの機能、サポートされておらず、ちとがっかりなのだった。