本屋のあるまちかど

久しぶりに日本に10日ほど行ってきた。 業務出張である。

今回あらためて気がついたことがある。 日本の本屋の多さ、紙の出版物の多さである。

アメリカではメガブックストアの雄であったBordersが去年の初めに倒産し、会社更生を目指したがこれがうまくいかず、夏には全米の書店で在庫の書籍から棚から家具にいたるまですべての資産を売り飛ばして文字通り消滅してしまった。  これで自分が住むAnn Arborに残ったのはNichola’s という町の本屋, Borders の競合相手であったBarne’s and Noble、ダウンタウンにある大学の書籍を主に扱う店の3店になってしまった。アンアーバーはミシガン大学の本拠地だ その大学町でこれである。
いずれの店もBordersのような多彩な書籍のラインアップから比べると見劣りがする。 ますますAmazonへの依存度が強くなりそうである。

Amazonから購入する場合、 現在の彼らの戦略なのか、電子書籍に非常な割安感がある。 しかも購入即ダウンロードで読み始めることができる。郵送してくるのを待つ必要がない。 自分はKindleは持っていないのだが、Android携帯のアプリとPCのアプリで十分閲覧は可能。しかもKindleのもっとも安価な専用端末はいまや70ドル台、 というわけでアマゾンへ依存が高まるということは、電子書籍への移行も進む、ということになる。 よって、 今回の出張前までは 紙の出版物はどんどん減っていく、という実感を持っていた。

 

ところがだ、日本ではまだまだ紙の出版物、そして本屋さんが元気なようなのだ。

今回は客先への打ち合わせであちこち走り回ったが、「本・CD」という看板を掲げた古本屋がどこにでもある

また、八重洲のbooksCenter,池袋のリブロなど、以前来た時より間口が広がったんじゃないか、という感触を受けた。

あるいはアメリカでは特別注文で店頭においてないような米国の書籍が丸善書店に並んでいたりする。

円高ドル安で割高感には閉口したが、 (300ドル両替して2万2千円弱にしかならない、ってのは何よ) 手にとってみられる、という贅沢がいまだにできる日本。 つくづく活字大国だったのだなあ、とあらためて認識した次第

同僚がiPadを買った. 欲しい! かも?

同僚がiPadを買った。しかも64ギガバイトモデルである。699 799ドル、というと高く感じるが、1ドル80円換算だと5万6千円6万4千円。 うーん、やっぱり高いな。(値段100ドル聞き間違えてた(汗) でも5万円以上はやっぱり高いよ)

簡単に日本語化できるのは当然として、驚いたのは日本のiStoreに接続できる、ということで、これはエポックですよ。 日本の eBookやe週刊誌が海外にいながらにして簡単に購読できる、ということだ。

(後記: ポイントは日本のiStoreに口座をつくるときには日本のクレジットカードを使わなければならない、という事だった。アメリカのクレジットカードでは登録できない。)

海外に住んでいて日本の月刊誌や本を購読しようとすると日本から郵送してもらうことになるのだけれど、この郵送費用が馬鹿にならない。 iPad経由で購入すると紙の媒体ではなく、電子コンテンツになるから郵送費がタダだ。 ここの部分のセービングを考えるとハードを購入した費用は結構すぐに元手が取れそうである。

現在の日本の電子書籍の購入はiStore 以外にどれくらいの選択肢があるかよくはわからないのだが、 アメリカで見てみると
1.各出版社が出しているePub とかMobi、あるいはPDFの書籍、これらは出版社のサイトなどから購入可能。
2.大手の本屋のチェーン : Barnes and Nobles で売っているNookというeReader を使ってB&Nから購入
3.大手の本屋のチェーン: Bordersで売っているSonyやKoboのe-Readerを使い、 Kobo/Borders から購入
4.Amazon.Comの売っているKindleを使い、Amazon.comから購入
5.iPadやMacを使ってApple iStoreから購入

と選択肢がある。1の書籍を買った場合は2~5、その他のデバイスで読むことになるが、Mobi形式でしかダウンロードできなくて、そうすると、Kobo Readerでは読めない、という書式の互換性の問題もある。
またiPadはカラー表示だが、eReaderのほとんどは白黒のeInkという表示機を使っている。

むかし、Etch a Sketchというおもちゃがあって、これはダイヤルを回すと表示ウインドウの中の針が動いて絵がかかれていく。 消すときはガシャガシャっと両手で振ってやると中に入った砂が一様になって消えてしまう。 eInkも同じ仕組みで絵を描くときとガシャガシャやるとき意外は電気を使わない、から TFT液晶にくらべると驚異的に電池のもちが良い。 

 また、表示は紙に書いた文字を見るのと同じですべて反射モード。カラーTFT液晶のような自発光の表示デバイスではなく、またダイナミック駆動もしていない(駆動原理上、電源オフしても表示が残っている)ということで長時間使っても電池の持ちがよく、また目が疲れない ということがあり、白黒表示でもなかなか捨てがたい。書籍を読むだけのデバイスとしてはカラー液晶よりもeInkのほうに軍配が上がる、と個人的には思っている。 またiPadを電子書籍専用に使うよりははるかにコストパーフォマンスが高い。 2GBのモデルが実勢価格150ドルくらいで売っている。

2年ほど前までは倍くらいしたのだけれど、あちこちのメーカーが次々に新製品を出してくれたおかげで値崩れがすごい。 mobileread.comというサイトに行くと、現在手に入るeReaderの一覧が見られるけれど、まさに百花繚乱状態。 でもこれは英語圏での話しだろう。
日本の事情はどうなっていくのだろうか。 どうも書籍リーダーとしてもiPadが思いのほか独走しているようで、各出版社がiPad用のアプリを作って自社の書籍が読めるようになるのは良いことだけれど、eInk使用のデバイスの品揃えが遅れているようで、このままでは日本のマーケットでeReaderが日の目をみないまま終わってしまうのではないかと心配になってくる。

そうすると、日本の書籍を海外で気軽に読むためにはその選択肢はiPadしかありません、ということになるわけで。
同僚には「週刊文春とか,文芸春秋とか婦人公論とかもiStoreで読めることが判ったら教えてね。」と言ってあるのだが、パスワードの設定をしくった、とかで、画面が繋がらない状況がつづいているとか。  高い買い物だ ^^

Hurricane Alex

メキシコのモンテレーというのはテクノシティーで取引先の工場があって行ったことがあるのだけれど、今回のハリケーンですごいことになっていた。
ALEX EN MTY
Monterrey Mexico is a techno-city where one of my supplier is located. It appears the Hurricane Alex hit the city pretty hard.

日本に出張中

今回はいかに紙の資料を持たないで仕事ができるかのトライアル
デトロイトからのデルタ便は満員。 アップルのノートブックを持った人がやたら多かった。

 Subaru が 2台に

10年間乗っていたいすゞのロデオちゃん、20万キロのったせいか、だいぶがたが来ていて、オイルは大食いするし、排気管からチリチリチリッと漏れているしで、つるつるになったタイヤの替え時が車の買いどき。

過去2ヶ月ほど、ディーラーによったりで色々ながめていたのだが、 どうもこれはというものが無い。 この金融危機のさなか、ちゃんとローンがくめるのだろうか、という不安もなくは無かったが、 結局迷ったあげくに決めたのがSubaruの車。 2009 年のForesterは今年のモータートレンドで2009 SUV of the year に選ばれたばかりだし、Consumer Reportの評価でも最高得点をもらっており、自分としてはこれにしたかったのだが、女房が言うには”Active Headrestがどうにも後頭部にさわってうざったい。” のと、”メーターのまばゆい青色が好きじゃない”ので却下。 結局、レガシーベースのアウトバックにおちついた。 ロデオより車体が長いのに明らかに回転半径が小さく取り回しはこちらのほうが楽。 これで3年前から乗っているインプレッサベースのアウトバックスポーツと合わせてSubaruが2台になってしまった。前車の購入から3年経ったので今回のエンジンは馬力が少し上がっているものの、2.5Lと同じ排気量である。 車体の大きさが違うのできびきび度が違うが、どちらにしても馬力に不足はない。 なんだかすごくシンプルなカーライフになった。 今から雪道の運転が楽しみ

猫が来た。 従業員の母親がアパートから娘の家に引っ越したが、猫は既に3匹も飼っており、さすがに4匹は無理、ということで、引き取り手を捜していたので引き取った。 でかい。愛想がない。 かわいそうに前の爪を抜き取られており(米国だけの習慣?)外では飼えない。室内用猫、ということ。

 

アメリカの企業は今日で大体が仕事納めだ。というか、今日働きにきているのは数えるほど。 片付けをしていたら、こんなメールが届いた。 これは笑った。

Part I

f:id:A2-living:20071222082144j:image

女=トラブルという演繹的な実証(爆)

Part II

f:id:A2-living:20071222082815j:image

Part III

f:id:A2-living:20071222082915j:image

男が女に議論で勝てる確率。 デート中は50パーセント。婚約中にさがって、結婚してからはゼロ 

Part IV

f:id:A2-living:20071222083058j:image

男は簡単に反応がわかるけど、女はどこのスイッチを入れて、どのノブを回せばよいのかわからん。

Part V

f:id:A2-living:20071222083157j:image

男の買い物。 行って、買って、帰る。

パートIII,IV,V と実にはまってるんですけど(笑)

 Who is on first?

近頃のアメリカのコミック(お笑い)は一人で漫談というのがパターンだけど、昔はアボットとコステロのような日本で言えば漫才コンビ、とでもいうようなスタイルがあったようで、 そのアボットとコステロの代表作がこの”Who’s on first”

セントルイスの野球選手のニックネームがすごくユニークで一塁手がWho、二塁手がWhat、三塁手がI don’t know という出だしから二人の間の話がつながらなくなってくる、というもの。 日本語に直しておかしさが伝わるかは判らないがこんな感じ

「誰が一塁手だって」

「誰」

「だから誰だって?」

「その通り」

「聞いてるんだけど」

「だから誰だって言っている」

「何を言っているんだ?」

「彼は二塁手」…

.

.

.

「ピッチャの名前を教えろ」「あした」

これをはじめて目にしたのはOh Pascal!というプログラミング言語の入門・参考書だ。 著者はPascalとかProgrammingというようなタイトルをつけると、他の参考書の間に入ってしまって、本屋で目立たないだろう、ということから、Pのひとつ前のOから始まるタイトル、つまり他のパスカルの参考書のトップに並べてもらうためにこのタイトルを考え付いたそうで、それぞれの章の冒頭にスタートレックの話しだとか上記のような話題をあげ、そこからプログラムの話につなげて行く構成になっていた。 自分はこれで構造化プログラムの作法を覚えた。

Oh Pascal!に書いてあったのはこのルーチンの最初の出だしのみ。 どうしても全部聞きたくなった 20年くらい前のことだからインターネットはまだ発達していなくて、通販のカタログで往年のラジオ番組を録音したカセットオーディオテープを探しだして注文した覚えがある。

時代は変わって今は YouTubeで ”Who’s on First” “Abbot and Costello”のキーワード検索をすると即座に動画で見ることができるようになった。

息子に見せたらけらけら笑っている。 このおかしさは世代を超えて判るみたいだ。

テキスト版もこちらにあった。

 うじ虫治療

今朝、NPR (National Public Radio)を聞いていたら うじ虫(maggot) で糖尿病患者などの傷口を治療するというストーリーをやっていた。 壊死した部分だけ食べるので回復が早いそうだ。 そんなのありかい、と思って調べたら日本でも知られているみたいだ。

患者よりも医者が気持ち悪がるケースがあるとか。(患者には見えないが医者がうじ虫を傷口においたり、生理食塩水で洗い流してやらなければならない)